《クロス・ブリード》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
元々の種族・属性が同じで、カード名が異なるモンスター2体を除外して発動できる。
それらのモンスターと元々の種族・属性が同じで、カード名が異なるモンスター1体をデッキから手札に加える。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した通常魔法
 種族属性の共通する2種類のモンスター除外して発動し、同じく種族属性の共通するさらに別のモンスターサーチする効果を持つ。

 種族属性が統一されているテーマデッキであれば万能サーチカードになりうる。
 ただし、コストとして2枚カード除外するため、普通に使うにはディスアドバンテージが大きい。

 よってこのカードを活かすなら、このコストの部分をある程度意識してデッキ構築をする必要がある。

 【不知火】の場合は炎属性アンデット族で統一されている不知火モンスターの多くが「除外された場合に発動する」効果を持っているので状況に応じて活用することでボード・アドバンテージに変換できる。
 【閃刀姫】の場合は手札でだぶついた《終末の騎士》《閃刀機−ホーネットビット》特殊召喚した閃刀姫トークンコストとして除外《閃刀姫−レイ》サーチすることで即座に【閃刀姫】基本戦術に移行出来るようになる。
 【メタファイズ】の場合は手札でだぶついた最上級モンスター除外しつつ下級モンスターサーチする動きができる。
 その他のデッキでは【サイバース族】モンスタートークンを活用できるデッキディスアドバンテージを軽減できる工夫が必要となる。
 カード名が異なる必要があるが、《幻銃士》《幻獣機テザーウルフ》などは緩い条件で同じ種族属性トークンを生成できるためこのカードコストを満たせやすい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《クロス・ブリード》 魔法 通常魔法

広告