《クロス・ポーター/Cross Porter》

効果モンスター
星2/闇属性/戦士族/攻 400/守 400
自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択した自分のモンスターを墓地へ送り、
手札から「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
また、このカードが墓地へ送られた時、
デッキから「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 自分フィールドモンスター墓地へ送って手札から(ネオスペーシアン)特殊召喚する起動効果墓地へ送られた時にデッキから(ネオスペーシアン)サーチする誘発効果を持つ。

 一つ目の効果手札ネオスペーシアン特殊召喚するもの。
 対象としたモンスター墓地へ送る処理と、ネオスペーシアン特殊召喚する処理は同時扱いである。(16/02/11)
 自身を墓地へ送ることで、ネオスペーシアンを展開しつつ後半のサーチ効果に繋げるのが基本となる。

 二つ目の効果ネオスペーシアンサーチする効果
 この効果手札デッキフィールドエクシーズ素材と、どこから墓地へ送られても発動するので発動機会は多い。
 ただし「時」の任意効果であるため、コストアドバンス召喚リリースシンクロ素材チェーン2以降に墓地へ送られた場合などにはタイミングを逃す

 デッキからは《おろかな埋葬》《終末の騎士》《マスマティシャン》等で墓地へ送ることができる。
 運の要素が絡むが、ライトロード《クリバンデット》などでデッキを掘り進めるのも手である。
 変わった方法としては、このカードデッキに2枚ある時に《連鎖破壊》を使用すればネオスペーシアンを2体サーチできる。
 フィールドに出すならば《トゥルース・リインフォース》が有効。
 ネオスペーシアンにも使える《リミット・リバース》蘇生し、守備表示にして自壊させるのもよいだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:モンスター墓地へ送るのはコストですか?
A:いいえ、効果処理です。(08/03/06)

Q:1つ目の効果は、自分フィールドモンスター対象にとりますか
A:対象にとります。(09/06/19)

Q:1つ目の効果で自身を墓地へ送ることはできますか?
A:できます。(09/06/19)

Q:《次元の裂け目》などが存在する場合、1つ目の効果発動できますか?
A:発動はできますが、特殊召喚することはできません。(09/06/19)

Q:1つ目の効果トークン墓地へ送ることができますか?
A:送れますが、特殊召喚はできません。(11/06/16)

Q:モンスター墓地へ送るのとネオスペーシアン手札から特殊召喚するタイミングは同時扱いですか?
A:同時に行われる扱いです。(16/02/11)

Q:1つ目の効果効果解決時に、手札ネオスペーシアンが存在しなくなった場合、対象モンスター墓地へ送りますか?
A:いいえ、その場合このカードの効果の処理は行われません。(13/12/13)

Q:1つ目の効果効果解決時に、手札ネオスペーシアンが存在しなくなった場合、手札公開しますか?
A:ゲームのルールとして確認が必須であるとは定めておりません。
 まずはプレイヤー同士でどのように対戦を進行するか話し合い、解決できない場合はジャッジの判断を仰いでください。(16/06/19)


Tag: 《クロス・ポーター》 モンスター 星2 闇属性 戦士族 効果モンスター 攻400 守400

広告