《クロック・スパルトイ》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:下/右下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「サイバネット・フュージョン」1枚を手札に加える。
(2):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 SOUL FUSIONで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に《サイバネット・フュージョン》サーチする誘発効果、自身のリンク先モンスター特殊召喚された場合にレベル4以下のサイバース族1体を蘇生する誘発効果を持つ。

 リンク素材サイバース族2体なので、【サイバース族】では容易にリンク召喚できる。

 (1)は《サイバネット・フュージョン》サーチする効果
 (2)の効果《クロック・ワイバーン》蘇生できれば、そのまま《サイバース・クロック・ドラゴン》融合召喚できる。

 (2)はレベル4以下のサイバース族蘇生
 蘇生したサイバース族効果無効になり、発動後は融合モンスターしか特殊召喚できなくなるので、そのまま蘇生したサイバース族融合素材にする運用となる。
 このカードステータスは低いので、効果使用後は蘇生したサイバース族共々融合素材にしてしまうと良い。

 リンクマーカーの関係上、(2)の効果を使うにはエクストラモンスターゾーンにいなければならないが、その場合《サイバネット・フュージョン》での墓地融合は使えなくなってしまう。
 どうしても併用したい場合は、(2)の効果発動後に《キャッスル・リンク》で移動させるといった工夫が必要になる。

  • スパルトイとはギリシア神話に登場する戦士。
    フェニキアの王子カドムスが、女神アテナの助言に従い自身が退治した大蛇の牙を大地にまいたところ、その大地から生えてきたという。
    生えてきたスパルトイたちは互いに戦いはじめ、最終的には5人のスパルトイが残った。
    古代ギリシアの都市国家(ポリス)の1つ「テーバイ」はカドムスとこの5人のスパルトイによって作られたとされている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《クロック・スパルトイ》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 闇属性 サイバース族 攻800

広告