《クロック・リザード/Clock Lizard》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1200
【リンクマーカー:左下/下】
サイバース族モンスター2体
(1):このカードをリリースして発動できる。
自分の墓地から融合モンスター1体を選んでEXデッキに戻す。
その後、その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターの攻撃力は、
ターン終了時まで自分の墓地のサイバース族モンスターの数×400ダウンする。

 SAVAGE STRIKEで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 自身をリリースして融合モンスターエクストラデッキに戻してから墓地融合を行う起動効果墓地サイバース族の数だけ弱体化させる誘発効果を持つ。

 (1)は墓地融合を行う効果
 他の墓地融合と異なり、融合召喚したい融合モンスター墓地に存在することが条件となる。
 一度融合召喚し、墓地へ送られた融合モンスターの回収を兼ねるため、融合召喚時に効果を発揮する融合モンスターを使うこともできる。

 (2)は墓地の自身が除外された場合の弱体化
 (1)の墓地融合で自身も融合素材に含めれば即座に使用できる。

 《サイバース・クロック・ドラゴン》との相性が良く、一度墓地に落ちたとしても再度融合召喚して効果を使用できる。
 この時、このカード融合素材とすることで、《サイバース・クロック・ドラゴン》墓地肥やしの枚数を増やせる。
 また、こちらの(2)の効果チェーンする形で《サイバース・クロック・ドラゴン》効果発動する事で、あちらの墓地肥やしが終わった後でこちらの弱体化が処理されるため、下げ幅の増加も期待できる。

 また、このカード《クロック・ワイバーン》とあちらの効果で生成されるクロックトークンの2体でリンク召喚が可能であり、実質《クロック・ワイバーン》1枚で出すことができる。
 このカード効果自体は融合召喚を主体としたデッキで幅広く扱えるものなので、【E・HERO】のような融合召喚主体のデッキ《クロック・ワイバーン》共々隠し味として投入するのもありだろう。
 エクストラデッキは圧迫されてしまうが、いざというときは《サイバース・クロック・ドラゴン》《超融合》で相手のリンクモンスターを奪うギミックも搭載ができる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《クロック・リザード》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 闇属性 サイバース族 攻1200

広告