《グッサリ(アット)イグニスター》

効果モンスター
星8/地属性/サイバース族/攻3000/守3000
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンクモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分のリンクモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(3):自分のリンクモンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのお互いのモンスターの攻撃力は3000になる。

 MASTER GUIDE6 付属カードで登場する地属性サイバース族最上級モンスター
 リンクモンスター戦闘破壊された時に特殊召喚できる効果リンクモンスター戦闘破壊時にバーンを与える効果自分リンクモンスター相手モンスターとの戦闘時にお互いモンスター攻撃力を3000にする効果を持つ。

 召喚制限のないサイバース族では攻守ともに最高数値を持つので単純なアタッカーとしても使える。

 (1)はリンクモンスター戦闘破壊トリガーとする特殊召喚
 自分相手を問わずステータスが共に3000と高水準なので、追撃と防御のどちらにも使える。
 低リンクリンクモンスター自爆特攻を行えば能動的に出せる。

 このカードサーチサルベージしたモンスターを適当なリンク1にして自爆特攻させれば疑似的なリクルート蘇生としても機能する。
 サイバース族サーチサルベージできるものは《ガッチリ@イグニスター》を参照。
 サイバース族リンク1から《セキュア・ガードナー》と繋いだ場合、《セキュア・ガードナー》効果により戦闘ダメージを0にした上で展開できる。

 (2)は自分リンクモンスター戦闘破壊時に《地縛神 Ccapac Apu》同様のバーンを与える効果
 与える数値は元々の攻撃力なので弱体化効果を持つリンクモンスターでもバーン数値は下がらない。

 (3)は自分リンクモンスター相手モンスター相打ちさせる効果
 【@イグニスター】では《ファイアフェニックス@イグニスター》との相性がよく、相手モンスター戦闘破壊しつつ3000のバーンをお見舞いできる。
 《ブルル@イグニスター》効果デッキから直接墓地へ送って発動をサポートしても良いだろう。
 あちらをリンク1にすれば、実質的に殆どの相手モンスター相打ち処理できるモンスターとして利用可能。

  • 「ぐっさり」とは「物が深く突き刺さっている様子」を表す擬態語である。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
    (1):リンクモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
    このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
    (2):このカードとリンク状態になっている自分のリンクモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
    そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。
    (3):自分の「@イグニスター」リンクモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
    墓地のこのカードを除外して発動できる。
    その戦闘を行うお互いのモンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ3000になり、
    そのダメージステップ終了時、その自分のリンクモンスターよりリンクマーカーの数が少ない
    「@イグニスター」リンクモンスター1体を自分の墓地から選んで特殊召喚できる。
    OCGでは(1)は攻撃表示でも出す事もでき、(2)はリンク状態でないリンクモンスターでも可能で、(3)は@イグニスター以外にも範囲が広がった。
    (3)の後半の蘇生処理は削除されたが総合的にはOCGで強化されていると言えよう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《グッサリ@イグニスター》 効果モンスター モンスター 星8 地属性 サイバース族 攻3000 守3000 @イグニスター

広告