《グラヴィティ・バインド−超重力(ちょうじゅうりょく)(あみ)−/Gravity Bind》

永続罠
フィールド上のレベル4以上のモンスターは攻撃できない。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した永続罠
 レベル4以上のモンスター攻撃を封印する効果を持つ。

 レベルを持たないエクシーズモンスターリンクモンスターには普通に攻撃されてしまい、それらには高い攻撃力を持つものも少なくないため、殆ど抑止力にならない。
 それらをあまり使わないデッキであっても、現環境除去が豊富かつ高速化しているため、すぐに除去されてしまう。
 どうしても攻撃を抑制する罠カードが欲しい場合でも、ライフコストが必要だが相手モンスター攻撃を全て止めつつ、こちらには影響の無い《スクリーン・オブ・レッド》の存在がある。

  • アニメZEXALの「アストラルvsカイト」戦にてカイトが使用した通常魔法《フォトン・ハリケーン》のイラストでは、吹き飛ばされている様子が描かれている。
    また、26話で国立カケルの使用したサッカーボールにプリントされていた。
    公式サイトのモンスターアカデミーでは、モンスター紹介の際に使われていたこのカードテキストBEGINNER'S EDITION 1(第7期)他と同じ仕様で、OCGではまだ存在しないウルトラレアとなっていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    真DM2では、範囲内に入った相手を永続的に攻撃・移動を行えない「呪縛」状態にし、攻撃力守備力を1500ポイントダウンする通常罠として登場した。
    同ゲームにおける呪縛効果の中では最高の性能だが、投入コストが高くオーバーキル気味な性能のため使いにくかった。
  • DUEL TERMINALでは、12弾の凌牙が最初のステージのデスティニースキャンに設定している。

関連カード

―重力に関するカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:レベル4以上のモンスター攻撃宣言時にチェーン1として《サイクロン》発動し、チェーン2以降にこのカード発動して《サイクロン》破壊された場合、攻撃できない効果が一時的に適用されるため攻撃は中止になりますか?
A:はい、中止になります。(13/10/12)

Q:レベル4以上のモンスター攻撃宣言時にこのカード発動しました。
このカード効果処理後に発生するクイックエフェクト発動可能なタイミングで、《サイクロン》発動しこのカード破壊された場合、攻撃を続行する事はできますか?
A:いいえ、効果適用された時点で攻撃は中止になります。
攻撃宣言を行った事になるので、このターン、そのモンスターは改めて攻撃を行う事はできません。(13/10/30)

Q:レベル4以上のモンスター攻撃宣言時にチェーン1としてこのカードチェーン2で《リビングデッドの呼び声》発動しました。
攻撃を受ける側のフィールドモンスターが増減しますが、この際バトルステップの巻き戻しは発生しますか?
A:バトルステップの巻き戻し処理そのものは発生しますが、攻撃対象の再選択は行えず、中止となります。(13/10/30)

Q:上記バトルステップの巻き戻し発生が確定した後に《サイクロン》発動してこのカード破壊した場合、攻撃を続行する事はできますか?
A:いいえ、バトルステップの巻き戻し処理は、モンスターの増減が発生した直後に行われ、この時点でグラヴィティ・バインド−超重力の網−》の効果適用されるため、攻撃は中止になります。
効果処理後に発生するクイックエフェクト発動可能なタイミングは、巻き戻しおよびその結果による攻撃中止後からとなります。(13/10/30)


Tag: 《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》 永続罠

広告