《グリズリーマザー/Mother Grizzly》

効果モンスター
星4/水属性/獣戦士族/攻1400/守1000
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキから攻撃力1500以下の水属性モンスター1体を
表側攻撃表示で特殊召喚できる。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した水属性獣戦士族下級モンスター
 リクルーターの1体であり、攻撃力1500以下の水属性モンスターデッキから表側攻撃表示特殊召喚する誘発効果を持つ。

 リクルート候補は除去要員の《黄泉へ渡る船》《アイス・ハンド》リリース要員の《黄泉ガエル》戦闘破壊耐性を持ちチューナーでもある《氷弾使いレイス》などが有力。
 戦闘要員としては《伝説の都 アトランティス》適用下で2回攻撃可能となる《マーメイド・ナイト》や、直接攻撃可能な《水陸両用バグロス Mk−3》等がいる。
 実質攻撃力1700となる《ニードル・ギルマン》を呼ぶこともできる。

 【魚族】では、《超古深海王シーラカンス》アドバンス召喚を補助できる《ヒゲアンコウ》や、リクルート墓地アドバンテージが狙える《素早いマンボウ》も有力である。

 相手モンスターの最後の攻撃戦闘破壊された際に《E・HERO オーシャン》特殊召喚し、次のターン効果を使うといった動きもできる。
 その他、《メタル化寄生生物−ルナタイト》《魔力吸収球体》《コイツ》等もリクルート可能なので、専用デッキでは重宝する。
 《メタル・リフレクト・スライム》の陰に隠れがちだが、相手除去カードの的として《ネオアクア・マドール》等を使うのも面白い。
 その時の状況に応じて各種雲魔物特殊召喚するのも有効である。
 特殊召喚のため、雲魔物自身の効果フォッグカウンターを乗せることはできないが《雲魔物−ストーム・ドラゴン》《雲魔物のスコール》と併用すれば問題ないだろう。

 いずれにしてもリクルート対象が多い割に決定打と呼べるものがない一方、【魚族】【ガエル】といった水属性を主軸にするデッキでは任意のモンスターを使い分けやすく、採用されることも多い。

 最大の利点は自身とリクルート対象が《サルベージ》の対象そのものであることだろう。
 そういう意味で《ペンギン・ナイトメア》などを《サルベージ》経由で手札に加えるための手段として有効。
 《炎舞−「天キ」》にも対応しているため、【獣戦士族】ならば《アイス・ハンド》リクルートするために採用することもできる。

  • 「グリズリー」とは北米に棲むヒグマの一種で「灰色熊」とも言う。
    アラスカ等の寒い地域に主に生息しており、このモンスター水属性なのはおそらくそこから来ているのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDM61話において、バトルシティで行われていた野良デュエルでその姿が確認できる。
    また、アニメGX168話冒頭に登場した少年ツトムのデッキに確認できる。

関連カード

―グリズリーのモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《グリズリーマザー》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 獣戦士族 攻1400 守1000

広告