《ゲーテの魔導書(まどうしょ)/Spellbook of Fate》

速攻魔法
自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在する場合、
自分の墓地の「魔導書」と名のついた
魔法カードを3枚までゲームから除外して発動できる。
このカードを発動するために除外した魔法カードの数によって以下の効果を適用する。
「ゲーテの魔導書」は1ターンに1枚しか発動できない。
●1枚:フィールド上にセットされた
魔法・罠カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
●2枚:フィールド上のモンスター1体を選んで
裏側守備表示または表側攻撃表示にする。
●3枚:相手フィールド上のカード1枚を選んでゲームから除外する。

 ABYSS RISINGで登場した速攻魔法
 墓地魔導書コストに、その枚数に応じた3種類の効果を持つ。

 魔法使い族フィールド上に存在することを条件、墓地魔導書1〜3枚の除外コストとする、重いカードである。
 とはいえ魔導書には《グリモの魔導書》《ヒュグロの魔導書》、それらをコピーできる《セフェルの魔導書》サーチが豊富に存在するため、墓地コストを用意することは難しくない。
 除外した魔導書《アルマの魔導書》で再利用できるため、併せて採用したい。

 このカード自身も魔導書であるため、発動さえできれば墓地から減少する魔導書の枚数は実質1枚少ないとみる事もできる。
 その後《アルマの魔導書》発動すれば、それ自体とサルベージしたカードの使用とでさらに2枚回復できる。
 それぞれ1枚だけ採用し、必要に応じてサーチしてくるのも良いだろう。
 必要な時に活躍させやすいのは【魔導書】サーチ力ならではである。

 まず、1枚除外での効果セットされた魔法・罠カード1枚のバウンス
 相手伏せカードを一時的に除去する、相手除去から自分伏せカードを守るといった運用はできるが、強力な効果とは言い難い。
 一応対象を取らない効果なので相手チェーンし辛い。
 また効果自体よりも墓地魔導書をピンポイントで除外できる点に着目し、《アルマの魔導書》による魔導書の再利用を狙うのもよい。
 また《盆回し》で相手フィールドセットしたフィールド魔法自分手札に戻す動きも可能である。

 2枚除外での効果フィールドモンスター1体に対する表示形式の変更。
 《月の書》または《太陽の書》と言えるような効果であり、相手の妨害にも自分の守りにも使える。
 特に《魔導書士 バテル》効果を再利用できる点が重要で、《アルマの魔導書》サーチすれば除外コストも気にならない。
 また対象を取らない効果であるため、効果適用しようとしたモンスター《禁じられた聖槍》等を使われても、相手の他のモンスターや自身の《魔導書士 バテル》適用できる。
 一方で相手モンスターに使用する場合はリバース効果発動を防ぐことはできない。

 3枚除外での効果相手カード1枚の除外
 速攻魔法カードの種類表示形式も問わず、さらに対象を取らない非破壊除去なので対処できる範囲は広い。
 しかしコストが重いため、短期間で連続して発動するのは厳しい。
 この効果に対して耐性を持つカードは少なく、デュエルを左右するパワーは秘めているため、ここぞというタイミングに賭けたい。
 しかし、発動そのものを《魔宮の賄賂》などで妨害されると損失が非常に大きいため、注意したい。

 いずれにせよ、このカードを活用するためには素早く墓地魔導書を溜めること、使用後のコスト《アルマの魔導書》でフォローしていくことが重要となる。
 墓地コストがなくて発動できない、あるいは墓地魔導書除外したことが後に響くといったことのないよう運用していきたい。

  • カード名ソロモン魔術のまとめられた「レメゲトン」のうち、ソロモン72柱の説明を主な内容としている第一書の表題「ゴエティア」からとったものだと思われる。
    日本では「ゲーティア」と呼ばれることが多い。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:3つの効果対象を取りますか?
A:いいえ、対象を取らない効果です。(13/06/15)

Q:チェーンして《強制脱出装置》発動され、フィールド魔法使い族モンスターが存在しなくなった場合、効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/02/14)

Q:効果解決時魔法使い族種族が変更された場合も、処理は通常通り適用されますか?
A:はい、通常通り適用されます。(13/07/21)


Tag: 《ゲーテの魔導書》 魔法 速攻魔法 魔導書

広告