《コード・エクスポーター》

効果モンスター
星5/風属性/サイバース族/攻 500/守2300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを
「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として
手札・フィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
フィールドのこのカードを素材とした場合には手札に加えず効果を無効にして特殊召喚できる。

 LINK VRAINS DUELIST SETで登場する風属性サイバース族上級モンスター
 特定条件下で手札の自身をコード・トーカーリンク素材にできる効果コード・トーカーリンク素材として墓地へ送られた場合にレベル4以下のサイバース族サルベージまたは蘇生できる効果を持つ。

 コード・トーカーをサポートするメインデッキモンスターの1体。
 基本的な使い方は《マイクロ・コーダー》【コード・トーカー】のページを参照の事。

 このカード風属性なので、《エクスコード・トーカー》リンク召喚時に《サイバネット・コーデック》サーチできる。
 また他のカードと異なり上級モンスターなので、《フォーマッド・スキッパー》サーチできる代わりに《サイバネット・マイニング》サーチできない。

 固有効果レベル4以下のサイバース族サルベージ
 また、フィールドからリンク素材にした場合はサルベージの代わりに効果無効状態での蘇生が可能。
 墓地発動する効果無効にならないので、蘇生後に即座にリンク素材にする事で発動を誘発できれば理想的。
 一方、召喚時の効果を持つ《ドラコネット》等は手札に回収した方が使いやすいと言えるか。

 どちらにせよ、他のコード・トーカーサポートモンスターとは相性が良い。
 《コード・ジェネレーター》《コード・ラジエーター》フィールドからリンク素材とした方が固有効果が扱いやすいので、狙えるなら蘇生を狙いたい。
 このカード上級モンスターなのでフィールドに出すのは難しいが、《RAMクラウダー》蘇生させる、《ガベージコレクター》《リンクスレイヤー》《ブート・スタッガード》戻すといった方法がある。

  • エクスポーターは単に「輸出者」「輸出国」を指すが、サイバース族の特徴に倣うと、ソフトウェアで作成・編集したデータを他のソフトで読み込めるファイル形式に変換・保存することを指す「エクスポート」が元ネタだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《コード・エクスポーター》 モンスター 効果モンスター 星5 風属性 サイバース族 攻500 守2300

広告