《コード・トーカー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1300
【リンクマーカー:上/下】
効果モンスター2体
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、
このカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。

 リンクモンスターGET! キャンペーンで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先モンスターの数だけ攻撃力自己強化する永続効果リンク先モンスターがいる限り戦闘及び相手効果破壊されない永続効果を持つ。

 効果はどちらともリンク先モンスターが存在する必要があり、単体ではバニラと変わらない。

 (1)は《デコード・トーカー》と同じ強化効果
 最大で攻撃力2300となり、他のリンク2と比べて攻撃力は高め。
 ただ、自分フィールドに向いているリンクマーカーは1つのみなので、自分カードだけでは1800が限度。
 《海亀壊獣ガメシエル》をこのカードの正面に出して攻撃力2300にすれば、そのまま戦闘破壊は狙えるがその後1800まで下がってしまう。

 (2)は自身の破壊耐性
 リンク先にある程度ステータスが高いモンスターや、耐性持ちを出しておけば間接的にこのカードにも耐性が付き、リンク先を維持しやすい。
 エクストラモンスターゾーンに置き、正面に相手モンスターが存在する場合も耐性は得られるが、相手依存なので期待はできず、サンドバッグにされる恐れもある。

 このカードの利点は「効果モンスター2体」という緩い縛りで下向きのリンクマーカーを持つ点だろう。
 同じリンクマーカーを持つモンスター《アカシック・マジシャン》が存在するが、縛りはこちらの方が緩い。
 また、あちらと違ってリンク先モンスターバウンスすることがないので、相互リンクなどを狙うならこちらの方が良いだろう。

 サイバース族縛りを持つリンクモンスターを出す場合にはそのリンク素材としても使用できる。
 《プロキシー・ドラゴン》の方が縛りは緩いが、あちらと違いエクストラモンスターゾーンに出してもメインモンスターゾーンリンク先を用意できるため、トークンを使って別のリンクモンスターを用意したい場合にも有効となる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《コード・トーカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 サイバース族 攻1300 コード・トーカー

広告