《コード・ラジエーター》

効果モンスター
星4/水属性/サイバース族/攻1600/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードをリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは攻撃力が0になり、効果は無効化される。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはこの効果の対象を2体にできる。

 ストラクチャーデッキ−マスター・リンク−で登場する水属性サイバース族下級モンスター
 特定条件下で手札の自身をコード・トーカーリンク素材にできる効果コード・トーカーリンク素材として墓地へ送られた場合に相手モンスター1体または2体の攻撃力を0にし、効果無効にする効果を持つ。

 (1)の効果については、同じ効果を持つ《マイクロ・コーダー》を参照。
 こちらはレベル4なので《マイクロ・コーダー》《SIMMタブラス》手札加えることができる。

 (2)は、コード・トーカーリンク素材として墓地へ送られた場合に発動可能な弱体化無効効果
 相手モンスター弱体化する点は相手モンスター攻撃力を得る《エンコード・トーカー》とは若干相性が悪い。
 とはいえあちらでも複数のモンスターが並んでいれば、攻撃力の高いモンスター攻撃力を加算し弱体化させた方をそのまま攻撃できる。
 連続攻撃を行う《シューティングコード・トーカー》とは相性が良く、追加効果で2体を弱体化させまとめて倒せる。
 《コード・トーカー》を中継させてコード・トーカー以外のリンクモンスターと併用するのも手。

 また、フィールドからリンク素材とした場合、対象を2体に増やすことが可能。
 もっとも、似た効果を持つ《マイクロ・コーダー》と違ってこちらはレベル4のため、蘇生手段が限られるのが難点。
 場合によっては召喚してからリンク素材にすることも視野に入れておきたい。

  • 「ラジエーター」とは、機械の部品などを冷ますために用いられる冷却機関のことである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《コード・ラジエーター》 モンスター 効果モンスター 星4 水属性 サイバース族 攻1600 守800

広告