《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/戦士族/攻2800
【リンクマーカー:上/右/下】
「コードブレイカー」モンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した時、
このカードが相互リンク状態の場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「コードブレイカー」モンスターを2体まで選び、
リンクモンスターのリンク先となる自分・相手フィールドに特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドのリンク状態の「コードブレイカー」モンスターの数まで、
相手フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。

 ETERNITY CODEで登場した闇属性戦士族リンクモンスター
 相互リンク状態で特殊召喚に成功した時に手札墓地からコードブレイカー2体までを特殊召喚する誘発効果リンク状態コードブレイカーの数まで魔法・罠除去をする起動効果を持つ。

 リンク素材には縛りがあるが、リンク2の《コードブレイカー・ウイルスソードマン》縛りが緩いので、あちらを経由すれば多数のデッキリンク召喚は可能。
 効果自体もあちらを経由すれば最低限は機能するため、《コードブレイカー・ゼロデイ》を採用しないデッキでも投入は検討できる。
 無論、《コードブレイカー・ゼロデイ》を採用するデッキでは性能を最大限発揮できる。
 フィールドの状況次第だが、《コードブレイカー・ウイルスソードマン》《コードブレイカー・ゼロデイ》特殊召喚できるため、上手くいけば軽い消費でこのカードにまで繋げられる。

 (1)はコードブレイカーを2体までリンクモンスターリンク先特殊召喚する効果
 「相互リンク状態で特殊召喚された場合」という条件を自力で満たす場合は他のリンクモンスターと並べる必要があるため、それなりの展開力が求められる。
 なお、似た効果を持つ《コードブレイカー・ウイルスソードマン》と異なり、デッキ《コードブレイカー・ゼロデイ》リクルートを行えない点は注意。

 特殊召喚先はこのカード以外のリンク先でも可能であり、お互いフィールドから選べる。
 とは言え、相手フィールドに出すのは《コードブレイカー・ゼロデイ》弱体化効果を使いたい場合くらいだろう。
 攻撃の的にも使えなくはないが、《コードブレイカー・ゼロデイ》《コードブレイカー・ウイルスソードマン》は共にそれなりの攻撃力を備えるため、その目的とはイマイチ噛み合いが悪い。
 アドバンテージ面を考慮するならば自分フィールドに出して戦闘要員や各種素材に用いるのが無難。
 上手くフィールドを作り上げれば2体のコードブレイカー自分フィールドに展開する事も可能である(《コードブレイカー・ウイルスソードマン》のページも参照)。

 (2)はリンク状態コードブレイカーの数までの魔法・罠除去
 (1)を発動できれば2〜3枚の魔法・罠除去は可能となり、対象をとらない効果なのでチェーン発動による回避もされ難い。
 しかし起動効果であるため、伏せカードはこの効果の前に使われるか、この効果そのものを無効化する類の場合が多いだろう。
 そのため、基本的には表側表示永続カード除去が主な役割となるか。

  • アニメでのテキストは以下の通り。
    「コードブレイカー」リンクモンスターを含むモンスター2体以上
    このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
    (1):相互リンク状態となるように、このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
    自分の手札・墓地からレベル4以下の「コードブレイカー」モンスターを2体まで選び、
    リンクモンスターのリンク先となる相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
    (2):自分メインフェイズに発動できる。
    相手フィールドの「コードブレイカー」モンスターの数まで、
    相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを選んで破壊し、その破壊した数×600のダメージを相手に与える。
    (3):このカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
    このカードを墓地から特殊召喚する。
    この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
    OCG化の際に(3)と(2)のバーンが削除された代わりに(1)(2)が全体的に使いやすく改善されており、リンク素材縛りも緩くなっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 戦士族 攻2800 コードブレイカー

広告