《コアキメイル・ウォール/Koa'ki Meiru Wall》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1900/守1200
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の岩石族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
相手の魔法カードが発動した時、
このカードをリリースする事でその発動を無効にし破壊する。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した地属性岩石族下級モンスター
 維持コストを要するコアキメイル共通の効果外テキストと、自身をリリースする事で魔法カード発動無効にし破壊する誘発即時効果を持つ。

 《コアキメイル・ガーディアン》及び《コアキメイル・サンドマン》の対魔法カード版と言える効果を持つモンスター
 種族属性ステータスレベル全てが先の2体と同じであり、攻撃力が高いのでこちらも同様に活用しうる。
 【岩石族】【コアキメイル】【ダーク・ガイア】が主な採用先だが、3体のうちどれを何体採用するかは構築次第になる。

 《王宮のお触れ》《トラップ・スタン》無効にできる罠カード《エフェクト・ヴェーラー》《デモンズ・チェーン》無効にできる効果モンスターと比べ、魔法カード無効にできるカードは少ない。
 主に妨害したいのは、フィールド魔法《神の居城−ヴァルハラ》など、デッキの根幹をなすカード
 相手無効にされるためにわざわざ発動するとは考えにくいが、発動を牽制することで戦術を大きく妨害できるので、その間に攻めてしまいたい。
 《ソーラー・エクスチェンジ》《トレード・イン》などのコストを必要とする魔法カードに対しても同様である。

 ただ、魔法カード手札からすぐ使える上に、1ターン内に複数使われる場合も少なくない。
 また、速攻魔法以外の魔法カードは基本的に相手ターンで使われるため、エンドフェイズ自壊を無視した運用は難しい。
 魔法カードには《地割れ》《地砕き》などのノーコストで使える単体除去も多く、他のカードを守れる状況でもない場合、そのまま破壊されるのと大差がない。
 同様に、このカードを対象にした《収縮》《エネミーコントローラー》の1つ目の効果の場合、効果発動しない方がいい場合もある。
 よって、先の2体と比べて使いどころをよく見極める必要がある。
 序盤から積極的に召喚するのもいいが、手札の多い序盤に出すと上記のようなカードで対処されやすい点には注意しよう。
 有効に使うなら相手カード《サイクロン》などで妨害した後にこのカードを出し、盤面を立て直そうとする相手を邪魔することになる。

 総じて先の2体に比べると効果のムラが大きく、効果を活かせないまま墓地に送られてしまうことも多い。
 しかしながら魔法カード無効にできること、それによって相手の戦術を鈍らせることはできる点で、十分採用するに値するカードである。

関連カード

岩石族のコアキメイル

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/09/17)


Tag: 《コアキメイル・ウォール》 モンスター 星4 地属性 岩石族 効果モンスター 攻1900 守1200 コアキメイル

広告