《コアキメイル・サンドマン/Koa'ki Meiru Sandman》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1900/守1200
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に、
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の岩石族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
また、相手の罠カードが発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 THE SHINING DARKNESSで登場した地属性岩石族下級モンスター
 維持コストを要するコアキメイル共通の効果外テキストと、自身をリリースする事で罠カード発動無効にし破壊する誘発即時効果を持つ。

 《コアキメイル・ガーディアン》《コアキメイル・ウォール》の対罠カード版と言うべき効果を持ち、ステータスも全て上記と同じである。
 《コアキメイル・ガーディアン》同様に戦闘能力が高いだけでなく、汎用性の高い効果を持つ。

 現環境では罠カードよりも効果モンスターの方が強力なことも多く、ほとんどの罠カード発動コストが少ないため、無効にしてもアドバンテージとなりにくい。
 とはいえ、罠カードをこのカード1枚で無効にできるので強力なのは間違いない。

 《奈落の落とし穴》《サンダー・ブレイク》等のよく使われる罠カード無効にできるのはもちろん、先出しすれば《スキルドレイン》等の永続罠も封じられる。
 【岩石族】では主戦力として期待でき、【コアキメイル】でも、このカードを含め5種類の岩石族コアキメイルが存在するため採用しやすい。
 フィールド外で適用される効果を持つものも多く、メタとして採用する手もある。

 このカード攻撃に対して《聖なるバリア −ミラーフォース−》等を使われた場合、このカード無効にしても、相手によって除去されたのと同じ状況になってしまう。
 しかし、他に自分モンスターがいる場合は、この効果をこのカードを身代わりにして他のモンスターを守る効果として活用できる。
 特に、《コアキメイル・ウルナイト》は自身の効果でこのカードリクルートでき、このカードを身代わりにして守るだけの価値がある強さを持っているので相性がいい。

 リクルーターリバースモンスター効果を能動的に潰せる《コアキメイル・ガーディアン》と違い、このカード効果の発動は受動的になりやすい。
 だが、この効果で牽制するだけでもかなりの影響力があり、相手が追い詰められてきた時は罠カードを無駄に消費させることもできる。

 上記から多少の不確定要素はあるものの十分に強力なカードであり、岩石族をある程度採用しているデッキなら活躍が見込めるだろう。

  • サンドマン(Sandman)とは、ドイツの民間伝承に登場する妖精ザントマン(Sandmann)の英語読みである。
    サンド(Sand:砂)の名の通り、人間を眠りに誘う効能を持つ砂を持っているという。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画5D'sにおいて、遊星の回想にて対戦相手が使用している。

関連カード

岩石族のコアキメイル

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:フィールド上に既に表側表示で存在している《王宮の弾圧》等の永続罠の「効果の発動」は無効にできますか?
A:いいえ、無効にできるのはスペルスピード2以下の罠カードの「カードの発動」のみです。
  墓地発動する《スキル・サクセサー》等も「効果の発動」になるので、無効にはできません。(10/02/26)

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:発動できます。(10/11/25)


Tag: 《コアキメイル・サンドマン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻1900 守1200 コアキメイル

広告