《コクーン・パーティ/Cocoon Party》

通常魔法
自分の墓地に存在する「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター1種類につき、
「C(コクーン)」と名のついたモンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した通常魔法
 墓地ネオスペーシアンの種類数に応じて、任意のコクーンリクルートする効果を持つ。

 ネオスペーシアン《コンバート・コンタクト》を使用すればそれだけで墓地に2種類貯まり、《E・HERO プリズマー》などでも貯められるため数種類墓地に揃えるのは容易。
 ネオスペーシアン墓地へ送ることは《ミラクル・コンタクト》に繋ぐことにもなるため、【コンタクト融合】であれば自然な流れとして行える。

 呼び出したコクーンは、《ネオスペース》《コクーン・リボーン》を用いてネオスペーシアンに進化させるのが常。
 《スペーシア・ギフト》を絡めることができれば大量のドローができ、コンタクト融合体を召喚できる可能性もある。
 そのほか、ランク2のエクシーズ召喚も可能。

 しかし、このカードを有効活用しようと思うとコクーンネオスペーシアンの双方を大量に共存させなければならない。
 また、必ず墓地ネオスペーシアンと同数のコクーン特殊召喚せねばならないことから、デッキコクーンが枯渇するとこのカード腐ってしまう。
 そのためにも複数枚のコクーンを積むことは必須となるが、コクーンは単体では全く役に立たないため、事故の要因になりやすくデッキ構成自体にも少なからず支障が出る。
 コクーンの最大の存在意義となるカードではあるが、コクーン自体の使いづらさから採用にはかなり難があることは否めない。

  • 「1種類につき」なので、「1体につき」ではない。
    同名ネオスペーシアンが2体以上いても1種類として数える。
    逆に、特殊召喚するコクーンは1種類につき「1体」なので、同じ種類のものを複数特殊召喚することは可能である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「十代vsヨハン」戦にて十代が使用。
    アニメではカード名が《コクーン・パーティー》となっていた。
    その後も「十代vsプロフェッサー・コブラ」戦、「十代vsヨハン(ユベル)」戦、「十代vsミスターT」(3戦目)で使用された。
    「十代vs万丈目(ゾンビ状態)」戦でも手札に確認できる。
    全ての使用回で《コンタクト》(アニメ効果)に繋げており、このコンボがアニメにおけるネオスペーシアン展開の主要手段のひとつであった。
    特に《ミラクル・コンタクト》が登場するまでは、トリプルコンタクト融合に繋ぐ手段として重要な役割を担っている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分墓地《N・アクア・ドルフィン》《N・マリン・ドルフィン》が存在する時にこのカードを発動して、2種類としてカウントして2体特殊召喚したり、同名カードとして扱い1種類としてカウントして1体を特殊召喚できるかどうか選べますか?
A:「2種類」として扱われます。
  よって、《コクーン・パーティ》や《スペーシア・ギフト》発動した場合には2体の特殊召喚、または2枚ドローすることができます。

Q:このカード効果解決時に、墓地に存在する「ネオスペーシアン」と名のついたモンスターの種類がデッキに存在する「」と名のついたモンスターの数より多い場合、不発になりますか?
A:はい、その場合このカードの効果は適用されません。(14/10/31)

Q:その場合、デッキに存在する「」の数が墓地の「ネオスペーシアン」の数より少ないことを相手に見せなければなりませんか?
A:はい、相手から確認を求められた場合はそれに応じる必要があります。(14/10/31)

Q:このカード効果解決時に、墓地に存在する「ネオスペーシアン」と名のついたモンスターの種類が自分モンスターカードゾーンより多い場合、不発になりますか?
A:不発になります。(14/06/29)


Tag: 《コクーン・パーティ》 魔法 通常魔法

広告