《コクーン・ヴェール/Cocoon Veil》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する「C(コクーン)」と名のついたモンスター1体を
生け贄に捧げて発動する事ができる。
このターン効果によるプレイヤーへのダメージは0になる。
その後、生け贄に捧げた「C(コクーン)」と名のついたモンスターに記されている
「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター1体を
手札・デッキ・墓地から特殊召喚する。

テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した通常罠
 コクーン1体をリリースすることで効果ダメージを0にし、ネオスペーシアン1体を特殊召喚する効果を持つ。

 効果ダメージを防げるが、コクーンを必要とするため腐る可能性がある。
 ダメージを防ぐ用途で使うなら、《ハネワタ》で充分だろう。

 2つ目の効果としてネオスペーシアンを非常に広い範囲から特殊召喚できるものの、下級モンスター特殊召喚カード2枚を使うのは効率が悪すぎる。
 コクーン自体にもネオスペーシアン特殊召喚する効果があるため、わざわざこのカードを使ってまで進化させる必要は薄い。
 《ジャンク・シンクロン》等からコクーン蘇生させ、リクルートしたい場合に使える程度か。

 効果自体は《コンタクト》のほぼ上位互換である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分手札デッキに・墓地《N・フレア・スカラベ》が存在しない時に、《C・ラーバ》リリースしてこのカード発動することができますか?
A:いいえ、できません。(11/03/14)

Q:《ファントム・オブ・カオス》カード名が自身の効果で「コクーンモンスターになっている時にその《ファントム・オブ・カオス》リリースして発動する事自体できますか?
A:はい、リリースして発動する事自体はできますが、特殊召喚する効果適用されません。(15/01/08)


Tag: 《コクーン・ヴェール》 通常罠

広告