《コマンド・リゾネーター》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札から「リゾネーター」モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキからレベル4以下の悪魔族モンスター1体を手札に加える。

 ETERNITY CODEで登場した速攻魔法
 リゾネーター手札コストにして下級悪魔族サーチする効果を持つ。

 手札コストが限定されている分だけサーチ先の範囲はかなり広く、制約やデメリットの類も無い。
 リゾネーター中心のデッキならば《コール・リゾネーター》の存在から手札コストの調達は難しくない。
 特に《ミラー・リゾネーター》自己再生が可能なので、手札コストとして適している。

 サーチ先はなるべく手札コストを活かせるものか、高レベルシンクロ召喚に繋げられるものを選びたい。
 モンスターがいない状況では、《レッド・スプリンター》サーチして召喚する事で、リゾネーター蘇生からシンクロ召喚に繋げられる。
 特に《クリムゾン・リゾネーター》手札コストにした場合、《レッド・ライジング・ドラゴン》を経由する事で多彩且つ強力な展開が可能となる(《クリムゾン・リゾネーター》参照)。
 直接シンクロ召喚は行えないが、汎用性の高さと多彩なコンボの可能性で《魔界発現世行きデスガイド》サーチするのも良い。

 速攻魔法を活かして相手ターン発動する場合は、防御として機能するモンスターも候補。
 勝負を決めるつもりで相手が展開した後のスタートステップ《バトルフェーダー》サーチすれば、相手の計算を大きく狂わせられる。

 【悪魔族】及び下級悪魔族キーカードとなるデッキでもリゾネーター出張採用を考えられる。
 シンクロモンスターを中心とする悪魔族【魔轟神】では捨てる効果を持つ魔轟神墓地へ捨てられた効果を持つ魔轟神を状況に合わせてサーチできる。
 【除外ビートダウン】では《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》サーチでき、《レッド・リゾネーター》ならば《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》リクルート可能な《炎星侯−ホウシン》シンクロ素材になれるので無理なく採用できる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《コマンド・リゾネーター》 魔法 速攻魔法

広告