《コンフュージョン・チャフ/Confusion Chaff》

通常罠
1度のバトルフェイズ中に2回目の直接攻撃が宣言された時に発動する事ができる。
その相手モンスターは、直接攻撃した1体目の相手モンスターと戦闘しダメージ計算を行う。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した通常罠
 直接攻撃発動し、相手モンスターを同士討ちさせる効果を持つ。

 相手モンスター同士を戦闘させるので、ダメージを与えつつ相手モンスター除去できる可能性がある。
 しかし、直接攻撃にしか対応しておらず、相手フィールド上に2体以上モンスターがいなければならないので、単体での汎用性はかなり低い。
 その点では自分フィールド上にモンスターが存在しなければならない《マジックアーム・シールド》とは相互互換

 直接攻撃を防ぎつつ相手モンスター除去するカード攻撃反応罠を始めとして数多く、発動条件が厳しいこのカードは単に防御するためだけに使うのは避けたい。
 使うなら、1度目の直接攻撃戦闘ダメージ《ディメンション・ウォール》等で相手に与えるなど、直接攻撃を受けることでメリットが発生する工夫を施すとよい。

  • 「チャフ(Chaff)」とは、無数の金属片をばら撒くことで、相手のレーダーなどを撹乱・回避する兵器のこと。
    「コンフュージョン(Confusion)」とは混乱という意味で、アニメでも「チャフ」と「コンフュージョン」の描写が存在する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:1回目と2回目の直接攻撃が同じモンスターだった場合、このカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(08/07/19)

Q:《N・グラン・モール》《E−HERO ダーク・ガイア》の順に直接攻撃を行おうとしたところ、このカード発動されました。
  《N・グラン・モール》効果発動し、手札エクストラデッキに戻すことはできますか?
A:いいえ、このカード効果によりダメージ計算を行うので発動することはできません。(08/08/13)

Q:1回目の直接攻撃宣言時に《魔法の筒》等で攻撃無効にした場合、その次の直接攻撃宣言時にこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/11/12)

Q:1回目の攻撃宣言時に《エネミーコントローラー》《強制脱出装置》等で攻撃を回避した場合、その次の攻撃宣言時にこのカード発動できますか?
A:発動できません。(09/08/30)

Q:2回目の攻撃宣言時に《アストラルバリア》モンスターへの攻撃直接攻撃に変更しました、この場合発動できますか?
A:このカード《アストラルバリア》発動タイミングが違うので、発動することはできません。(09/08/30)

Q:フィールド魔法表側表示で存在し、自分のモンスターが1回目の直接攻撃をした時、以下の状況(2回目の直接攻撃宣言)でこのカード発動した場合はどう処理しますか?
 …《レアル・ジェネクス・ヴィンディカイト》または地縛神の場合
 …蘇生制限を満たし、墓地から特殊召喚されたSinモンスター攻撃宣言だった場合
A:どちらの場合も攻撃宣言を介さない戦闘のため、1回目の直接攻撃を宣言したモンスター戦闘を行います。(12/04/11)


Tag: 《コンフュージョン・チャフ》 通常罠

広告