《ゴーストリック・シュタイン/Ghostrick Stein》

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1600/守   0
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついた
モンスターが存在する場合のみ、
このカードは表側表示で召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
デッキから「ゴーストリック」と名のついた
魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。
「ゴーストリック・シュタイン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 SHADOW SPECTERSで登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 ゴーストリックの共通テキスト戦闘ダメージを与えた時にゴーストリックと名のつく魔法・罠カードサーチする誘発効果を持つ。

 ゴーストリックと名のつく魔法・罠カードサーチでき、各種フィールド魔法《ゴーストリック・ロールシフト》《ゴーストリック・アウト》《ゴーストリック・パニック》などの防御カードを引き込む事ができる。
 メインデッキゴーストリックの中では最も攻撃力が高いが、それでも攻撃力1600ではモンスター同士の戦闘ダメージを与えるのは難しい。
 《闇の護封剣》などで相手を裏側守備表示にし、《ゴーストリック・ハウス》等で直接攻撃してアドバンテージを稼ぐのが主な使い方となるだろう。
 ただ、戦闘ダメージを介さずともゴーストリック魔法・罠カードサーチできる《ゴーストリックの駄天使》がいることから、やや優先順位は下がる。
 安定してアドバンテージを得られるのは相変わらず優秀ではあるのだが、構築次第ではこのカードを入れない選択も十分ありうる。

  • 海馬(うみうま)コーポレーション 出張所」の第4号によると、トリックの仕込みを行う裏方担当との事。
    しかし加減を間違え家具を壊す事もままあり、その度に《ゴーストリックの魔女》に怒られているようだ。
    少々抜けているイメージは、「フランケンシュタインの怪物」が創作作品にてしばしば割り当てられる愚鈍なイメージからか。
  • 「フランケンシュタイン」については《デビル・フランケン》を参照。
    • 怪物の呼称については、「フランケンシュタイン」を省略した表現として「フランケン」が用いられることが多く、このカードは珍しい命名となっている。
      なお、英語名では、他のフランケンシュタインをモチーフとしたモンスターカード名が「シュタイン」となっている。
      ちなみに「シュタイン(stein)」はドイツ語で「石」という意味になる。

関連カード

―《ゴーストリック・シュタイン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ゴーストリック・シュタイン》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻1600 守0 ゴーストリック

広告