《ゴッドアイズ・ファントム・ドラゴン》

特殊召喚・ペンデュラム・効果モンスター
星10/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青0/赤0】
(1):1ターンに1度、自分のドラゴン族Pモンスターが相手モンスターに攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。
その自分のモンスターは続けて攻撃できる。
この効果を発動するターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できない。
【モンスター効果】
このカードは通常召喚できない。
「ゴッドアイズ・ファントム・ドラゴン」は1ターンに1度、
ドラゴン族Pモンスターを含む自分フィールドの2体以上の全てのモンスターをリリースした場合のみ、
手札・EXデッキから特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで倍になる。
(2):1ターンに1度、相手が魔法・罠カードの効果を発動した時、
自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にする。

 Vジャンプ(2019年2月号) 付属カードで登場する光属性ドラゴン族特殊召喚ペンデュラムモンスター
 通常召喚できず、特定のモンスターリリースした場合のみ手札エクストラデッキから特殊召喚できる召喚条件戦闘時に自身の攻撃力を倍化する効果魔法・罠カード効果の発動無効にできる効果ドラゴン族ペンデュラムモンスター連続攻撃を付与できるペンデュラム効果を持つ。

 召喚条件ペンデュラム効果共にドラゴン族ペンデュラムモンスターが絡んでいるので、それらをメインで使うデッキに採用する事となる。
 特定のカテゴリには属していないが、ステータスから《ドラゴン・目覚めの旋律》でのサーチは可能。
 ペンデュラムスケール《オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン》と同じく0と非常に低く、そちら目当てで採用するのもいいだろう。
 エクストラデッキからも自身の召喚条件特殊召喚が可能なので、《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》で直接エクストラデッキに送りこむのも効果的である。

 ペンデュラム効果ドラゴン族ペンデュラムモンスターへの連続攻撃の付与。
 発動ターンはそれ以外のモンスター攻撃できなくなるデメリットが付くので、なるべく高攻撃力を持つモンスターに付与したい。
 カード名を指定した回数制限がなく「もう一度だけ」とは書かれていないので、左右のペンデュラムゾーンにこのカードがあればそれぞれの効果3回攻撃させることもできる。

 特殊召喚モンスターであり、通常のペンデュラム召喚などでは特殊召喚できない。
 ドラゴン族ペンデュラムモンスターを含む2体以上の全てのモンスターリリースによってのみ手札エクストラデッキから特殊召喚可能。
 《レスキューラビット》《竜魔王ベクターP》2体をリクルートすれば容易に揃う。
 墓地へ送りやすく緩い条件での自己再生が可能な《覇王眷竜ダークヴルム》も相性が良い。
 墓地除外エクストラデッキから戻れる《終焉龍 カオス・エンペラー》を使うことでもリリースを用意しやすい。

 エクストラデッキからも特殊召喚できるが、モンスターを全てリリースする都合上、相手モンスターリンク先エクストラモンスターゾーンにしか出せなくなる点には注意。

 モンスターを失う関係上、特殊召喚無効化や特殊召喚直後の除去カードによる除去を受けると損害が大きいので気を付けたい。
 ディスアドバンテージを抑えるにはなるべく必要最低限の2体リリースに留めた上で、エクストラデッキからの特殊召喚を上手く活用したい。
 特殊召喚に成功したタイミングの魔法・罠カードは(2)の効果無効にできる。

 (1)のモンスター効果戦闘時における攻撃力の倍化。
 単体でも6000の攻撃力を持てるので多大な戦闘ダメージ、あるいは戦闘破壊による状況突破が狙いやすい。
 攻撃力上昇はダメージ計算時と防がれにくいタイミングであり、強化エンドフェイズまで続くので連続攻撃2回攻撃付与と相性が良い。
 同名カード《ドラゴン・目覚めの旋律》で纏めてサーチしておき、1体をモンスターゾーンに、もう1体をペンデュラムゾーンに置いて連続攻撃を付与してみるのも良い。

 (2)のモンスター効果魔法・罠カード効果の発動無効化。
 コストとして自分魔法・罠カード墓地へ送る必要があり、無効にするだけで破壊まではしないので永続カード効果無効化した場合は数字の上ではディスアドバンテージとなる。
 ただ、召喚条件に複数のモンスターの消費が必要な割には耐性がないこのカード魔法・罠カードから守る手段にはなる。
 なお、墓地へ送るのはコストであるため、ペンデュラムゾーンカードコストにする事はできない点に注意。

  • 自身のすべての効果が《GENESIS・OMEGA・DRAGON》のメタになっている。
    作中で《GENESIS・OMEGA・DRAGON》の力を制御する「アダムの因子」を基にユート・ユーゴ・ユーリが生み出している描写があるため、意図的なものであろう。
  • イラストでは判別できないが、漫画では《GENESIS・OMEGA・DRAGON》と同じく瞳孔が「機廚里茲Δ雰舛鬚靴親靴鮖っている事が確認できる。
    「GOD」と略称される《GENESIS・OMEGA・DRAGON》の影響を受けたモンスターということを表しているのだろうか。

関連カード

―類似召喚条件

収録パック等


Tag: 《ゴッドアイズ・ファントム・ドラゴン》 モンスター 特殊召喚モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星10 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 スケール0 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告