《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》

効果モンスター
星9/炎属性/戦士族/攻3000/守2200
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のフィールド・墓地から装備魔法カード1枚を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、
攻撃力500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(3):モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 ストラクチャーデッキR−ウォリアーズ・ストライク−で登場した炎属性戦士族最上級モンスター
 フィールド墓地から装備魔法除外して特殊召喚する起動効果表側表示モンスターを自身の500強化扱いの装備カードにする誘発効果装備カードコストモンスター効果の発動無効にして破壊する誘発即時効果を持つ。

 (1)は装備魔法除外しての特殊召喚
 基本的にはディスアドバンテージにならない墓地コストで賄いたい。
 種族サポートを共有できる《聖騎士の追想 イゾルデ》とは相性が良く、あちらの(2)でデッキ内の装備魔法墓地に置きつつアドバンテージも稼げる。
 あちらの(1)でこのカードサーチした場合は、そのターンでの特殊召喚はできないものの次のターンへの布石は打てる。
 コストにする装備魔法には《天帝従騎イデア》で回収可能な《再臨の帝王》も良い。

 フィールドから除外する場合、デッキなどから装備カードを調達できる《巨竜の聖騎士》や、相手モンスター装備カードにできる《サウザンド・アイズ・サクリファイス》などを利用すると良い。
 相手モンスター装備させた《ビッグバン・シュート》コストにすることで、装備モンスター除外しつつ特殊召喚できる。

 (2)は装備カードにする形でのモンスター除去
 発動タイミングは多少限定されているが、防がれにくいダメージステップ時の発動に加え対象を取らないため除去としての性能は高い。
 強化値も500とまずまずの数値であり、種類の多い攻撃力3000ラインを上回る事ができるので意外と役立つ。
 戦闘相手以外を装備しても良いので、他のモンスター装備して強化しつつ戦闘を継続すればダメージ増加にもつながる。
 吸収できるのは1体だけなので、毎ターン除去を狙う場合は(3)の効果や何らかのカード効果装備カードを能動的に剥がすと良い。
 その点は類似効果を持つ《サクリファイス》のページも参考のこと。
 手札同名カードがあればそちらの(1)の特殊召喚コストに当てることもできる。

 (3)は装備カードコストにしたモンスター効果へのカウンター
 この効果が見えてる状態で相手モンスター効果発動しない事も当然起こり得るが、その場合でも牽制としては十分に役立つ。
 (2)とのシナジーは強く、自分ターンに(2)で装備したカードコストに返しの相手ターンで備える効果として機能する。
 攻撃力3500となったこのカードモンスターで処理する場合はモンスター効果に頼らざるを得ないケースも多いため、それを防げる点でも噛み合いが良い。

 基本的には装備魔法を多く投入した【装備ビート】系列のデッキで最も活きるカードである。
 もっとも、効果自体は単体で完結している上に汎用性が高いものであり、召喚制限も無く、(1)の特殊召喚装備魔法が1枚あれば事足りる。
 そのため、【戦士族】【炎属性】【レベル9】等に少量の装備魔法と共に採用することも十分検討できる。

 炎属性戦士族なので、イグナイトに共通するペンデュラム効果サーチが可能。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画OCGストラクチャーズの「尚磨vsサイキック天道」戦において尚磨が使用。
  • 特殊召喚時の口上は「火の力翻し戦士よ!不死鳥の炎をその身躯に宿し神へと昇えんせよ!!」。
    (「えん」は機種依存文字のためルビで代用、正しくは「火が上に1つ、下に2つ」)
  • 上記の口上は尚磨が自分で考えたものであり、黒田からは「初めてにしては中々のもの」とそれなりに高く評価されている。
    一方、使用前から口上を考えると言う行為に対し十九からは「中二病が進んでいる」と微妙な反応をされていた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》 モンスター 効果モンスター 星9 炎属性 戦士族 攻3000 守2200

広告