《ゴブリン暗殺部隊(あんさつぶたい)/Goblin Black Ops》

効果モンスター
星4/闇属性/獣戦士族/攻1300/守   0
このカードは相手プレイヤーを直接攻撃する事ができる。
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
次の自分のターン終了時までこのカードは表示形式を変更できない。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した闇属性獣戦士族下級モンスター
 相手フィールド上にモンスターが存在していても、相手直接攻撃を行える永続効果を持つ。

 攻撃力1300で直接攻撃能力を持つため戦闘ダメージを増やせるが、付加効果を持つ《エレキリン》《エレキングコブラ》と大差はなく、あちらと比べほぼ使いきりとなってしまう。
 《炎舞−「天キ」》に対応し、わずかながらダメージを上乗せできるが、《暗炎星−ユウシ》除去して直接攻撃を狙ったほうがいい。
 2体以上や除去耐性持ちが相手ならば、こちらのほうがダメージは通るが、それでライフを0にできない限り状況は好転しない。
 《平和の使者》《群雄割拠》などでロックを狙おうにも、次のターン攻撃できないので効率が悪い。

 《悪夢再び》によるサルベージや、《キラー・トマト》によるリクルートなどで、フィールドには出しやすい。
 しかしそれらの要素は上述のエレキも備えており、ダイレクトアタッカーとしては劣ると言わざるを得ない。

 守備表示となる効果バーンカードになると考えればむしろメリットと言えるが、直接攻撃効果が活きるという事は相手フィールドに1体以上のモンスターが存在するという事である。
 この守備力では展開補助用のモンスターにすらあっさり戦闘破壊されてしまい、減らせるダメージもたかが知れている。
 継続的にダメージを減らせる分、《エレキングコブラ》のほうが優秀である。
 直接攻撃自体が火力として安定しない点や、相手モンスターを起点に展開するデッキを考慮すると、【フルバーン】などで採用する意義は小さい。
 主力とするには明らかに力不足なので、対応サポートカードを扱うデッキで、《追い剥ぎゴブリン》等と併せる際にピン挿しできるかといったところだろう。

 しかし、守備力0で戦闘破壊されやすいという点を逆手にとり、攻撃されて墓地に置かれた後《カメンレオン》蘇生させ、ランク4のエクシーズ召喚につなぐ手がある。
 《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》などを出せば、このカード戦闘破壊したモンスター攻撃してダメージを与えやすくなる。

関連カード

―ゴブリン部隊

収録パック等


Tag: 《ゴブリン暗殺部隊》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 獣戦士族 攻1300 守0 ゴブリン

広告