《サーチライトメン/Searchlightman》

効果モンスター
星3/光属性/機械族/攻1000/守1000
リバース:このターン相手プレイヤーはフィールド上に
カードをセットする事ができない。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した光属性機械族下級リバースモンスター
 発動ターン相手プレイヤーセットさせない誘発効果を持つ。

 あらゆるカードセットを封じることができる、拘束力の高い効果である。
 特に魔法・罠カードセットメインフェイズ2に行うことが多いので、相手攻撃を受けてリバースすると、次の自分ターンでの伏せカードの脅威を軽減できる。
 《砂漠の光》等を併用すれば発動タイミングを調節でき、【炎星】【チェーンバーン】の様なセットを多用するデッキに対するメタカードとして機能する。
 手間はかかるがこのカードリバースした後に《カオスポッド》効果を使えば破壊を介さず対象をとらない全体除去となる。

 このカードの最大の問題は、リバースしなければ効果を使えない点。
 単体では自分ターンでしか能動的に発動できず、自分ターン発動しても《素早いモモンガ》《見習い魔術師》等のセットするリクルーターを封じる程度でしかない。
 相手ターン発動する際は《砂漠の光》等とのコンボ攻撃を待つしかなく、前者の場合は事故、後者の場合はモンスター除去の危険性が付きまとう。
 また、相手セットするカードを持っていなければ実質無駄打ちとなる。

 《聖占術姫タロットレイ》を併用すれば毎ターン相手セットを封じられる。

  • イラストは自身のライトに照らされ背景の都市の夜景が見える、という構図になっている。
    遊戯王OCGでこういった趣向のイラストは珍しい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果が適用されている時に相手《浅すぎた墓穴》発動できますか?
A:お互い《浅すぎた墓穴》発動する事ができなくなります。(08/01/19)

Q:このカードの効果が適用されている時に相手《見習い魔術師》特殊召喚効果発動できますか?
A:いいえ、特殊召喚を行う効果自体を発動する事ができなくなります。(08/01/19)

Q:このカードの効果が適用されている時、相手《素早いモモンガ》《デスハムスター》裏側守備表示特殊召喚する効果はどうなりますか?
A:相手《素早いモモンガ》の場合は発動自体ができなくなり、《デスハムスター》の場合はリバース効果は強制的に発動しますが、効果処理は行われなくなります。(08/01/19)

Q:このモンスター効果が適用されている時に《カオスポッド》特殊召喚効果はどうなりますか?
A:リバース効果なので強制的に発動し、自分だけがモンスターセットし、相手モンスターセットできなくなる形になります。
  相手は、めくったレベル4以下のモンスターも他のカードと同じく墓地へ送ります。(08/03/04)

Q:このカードの効果が適用されている時に相手サイクル・リバース効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(08/01/19)

Q:このカードの効果が適用されている時に相手《月の書》《マジカルシルクハット》発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(08/01/19)

Q:《ダークファミリア》効果はどうなりますか?
A:セットできないので、必ず表側攻撃表示特殊召喚します。

Q:《大騒動》発動された場合、どうなりますか?あるいは、そもそも発動できませんか?
A:お互い発動自体はでき、相手だけがモンスター裏側守備表示特殊召喚できなくなる形になります。(08/01/19)

Q:リバースしたターンモンスターとなった相手《サイバー・シャドー・ガードナー》はどうなりますか?
A:セットできないため、モンスターとしてフィールドに残り続けます。(16/05/12)


Tag: 《サーチライトメン》 モンスター リバースモンスター 効果モンスター 星3 光属性 機械族 攻1000 守1000

広告