《サイクロン/Mystical Space Typhoon》

速攻魔法
(1):フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 Magic Ruler −魔法の支配者−で登場した速攻魔法
 フィールド上の魔法・罠カード1枚を除去する効果を持つ。

 魔法・罠除去カードの代表的カードである。
 表側表示裏側表示に関係なく破壊でき、速攻魔法なのでフリーチェーンかつ手札から発動可能であるため、汎用性が高い。

 伏せられたこのカード相手伏せ除去対象にされた場合、チェーンして相手魔法・罠カード破壊することで、相手伏せ除去が無駄打ちとなり、アドバンテージを得ることができる。
 ほかにも、相手セットしたターンエンドフェイズに伏せられたこのカード発動することで、対象チェーン発動を許さず、確実に1:1交換に持ち込むテクニック「エンドサイク」がある。

  • 現在、最も収録回数の多いカードである。
  • 「サイクロン(Cyclone)」とは、インド洋で発生する熱帯低気圧のこと。
    また「大竜巻」「大暴風」という意味も持つ。
    日本近海で発生した場合は「台風(Typhoon)」と呼ばれる。
  • 第4回カリスマデュエリスト最強決定戦「カイザー海馬vs千丈目」においてカイザー海馬が使用。
    《魔導戦士 ブレイカー》効果を使わずこのカードを使用したため、反撃を許している。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMではオリジナルエピソード「ドーマ編」において闇遊戯が使用。
    その他にもジーク、レオン、ヴィヴィアン、杏子、海馬と様々なキャラクターが使用している。
  • アニメGXでは「十代vsカイザー亮」(1戦目)における亮の使用を皮切りに、以降も吹雪、三沢、エド、明日香、翔、ユベル等の多くのデュエリストに使用されている。
    謎の影によって不具合が起きて回収されたカードの1枚でもある。
  • アニメZEXALでは「遊馬vs凌牙」(2戦目)で凌牙が使用。
    遊馬の伏せていた《バトル・ブレイク》破壊した。
    また、WDC開催前夜において、等々力が3枚所持しているのが確認できる。
  • Dチーム・ゼアルの「遊馬vs鉄男」戦において、鉄男の最初の手札に存在していたのが確認できる。
  • DM、GX、5D's、ZEXAL、ARC-Vとアニメ作品を通じて登場しプレイされている数少ないカードの1枚である。

関連カード

カード名類似

収録パック等

FAQ

Q:《サイクロン》を別の《サイクロン》で破壊する事はできますか?
A:可能ですが、最初の《サイクロン》は「すでに発動している」ので、その破壊効果は止められません。
  これを止めるには、「〜の効果無効にし、破壊する」と書いてあるようなカードでなくてはなりません(例:《マジック・ジャマー》)。

Q:《サイクロン》の発動時に、そのとき発動した《サイクロン》自身を破壊対象に選択できますか?
A:いいえ、発動した《サイクロン》自身を選択することはできません。(08/06/04)

広告