《サイバー・エスパー/Cyber Esper》

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1200/守1800
このカードが自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する限り、
相手がドローしたカードを確認する事ができる。

 CYBERDARK IMPACTで登場した炎属性機械族下級モンスター
 攻撃表示の時に相手ドローカード確認する誘発効果を持つ。

 ドローカードピーピングする能力を発動するためには、攻撃表示で存在し続けなければならない。
 だが攻撃力は1200と低く、《平和の使者》なり罠カードなりで守らなければ1ターン生き残る事も難しい。
 コンボ重視の効果であるため、そのコンボによりこのカードを維持しやすくする事を考えたい。

 手札確認することで《マインドクラッシュ》《異次元の指名者》による手札破壊に繋げられる。
 《千里眼》と異なりドローしたカード全てに適用されるため、お互い手札交換するカードを使えばこちらのみ情報アドバンテージを得られる。
 《手札抹殺》《攪乱作戦》コンボさせれば、引いてきたカード全てを見られるので相手手札《真実の眼》のごとく筒抜けになる。

  • テキストからは誘発効果であることとタイミングを逃す可能性があることは読み取れず、効果処理時に自身がフィールドにいなければ効果適用されないことも伝わりづらい。
    最新のテキストに直すと以下のようになる。
    (1):このカードが表側攻撃表示でフィールドに存在する場合に、相手がドローした時に発動できる。
    このカードが自分フィールドに表側攻撃表示で存在する場合、そのカードを確認する。
  • アニメでのイラストは輪数が多く、より超能力らしいものであった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:確認する効果チェーンブロック が作られますか?
A:はい、誘発効果チェーンブロック が作られます。(13/06/23)

Q:確認する効果の処理時に、このカードフィールド上に表側攻撃表示の状態で存在しなくなった場合、効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/08/08)

Q:相手ドローする効果発動ドローする処理の後に別の効果処理があったり、チェーン2以降で相手効果ドローした場合に、このカード効果発動できますか?
A:いいえ、その場合タイミングを逃して発動できません。(12/09/02)


Tag: 《サイバー・エスパー》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 機械族 攻1200 守1800

広告