《サイバー・エタニティ・ドラゴン/Cyber Eternity Dragon》

融合・効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻2800/守4000
「サイバー・ドラゴン」モンスター+機械族モンスター×2
(1):自分の墓地に機械族の融合モンスターが存在する場合、
このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):融合召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「サイバー・ドラゴン」1体を選んで特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの融合モンスターは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−で登場した光属性機械族融合モンスター
 相手効果の対象にならず効果破壊されない永続効果墓地へ送られた場合に《サイバー・ドラゴン》特殊召喚する誘発効果墓地の自身を除外して融合モンスターに自身と同じ耐性を付与する起動効果を持つ。

 《サイバー・エンド・ドラゴン》と同等の大型融合モンスターで、こちらは融合素材3体の内2体は《サイバー・ドラゴン》以外の機械族でもよい。
 これにより、《サイバー・ファロス》《サイバー・エルタニン》等の、《サイバー・ドラゴン》扱いにならない機械族の活用幅を広げることができる。
 あちらと比べ、攻撃力守備力が入れ替わり、効果も守備的なため、《サイバー・ドラゴン》3体でも状況次第で使い分けの価値はあるだろう。

 (1)は「対象をとらない破壊以外の効果」を除く、大多数の効果に対する耐性
 守備力と合わせて強固なとなれるが、適用には墓地にあらかじめ機械族融合モンスターが必要となる。
 序盤であれば《簡易融合》などで機械族融合モンスター特殊召喚融合素材にすると良い。
 《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》は序盤でも出せることが多く、先に除去を受けて墓地へ送られる可能性も高い。
 《サイバネティック・レボリューション》特殊召喚するのも良いだろう。
 また、守備力の高さに目が行くが、耐性持ちとしては2800も十分な打点のため、相手の伏せカード等を気にせず攻める使い方もできる。

 (2)は融合召喚している場合、相手墓地に送られると《サイバー・ドラゴン》特殊召喚する効果
 除外以外のどこからでもよく、墓地ならば《サイバー・ドラゴン・ドライ》《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》等も含まれるため、特殊召喚先には不自由しない。
 とはいえ、(1)が適用されている場合リリース等の僅かな手段しか墓地に行くことはなく、戦闘破壊もされづらいステータスである。
 あくまで保険と考え、基本的にはフィールドに居座るつもりで見たほうが良いだろう。

 (3)は墓地から除外することで、自分の融合モンスターに(1)と同等の効果を付与できるもの。
 《サイバー・エンド・ドラゴン》《パワー・ボンド》等で攻め込む際に、その安全を確保することができる。
 また、この効果融合モンスターでさえあれば種族も問わず、並んでいればその全てに適用される。
 《轟雷帝ザボルグ》などで他の機械族モンスターと共に墓地に置き《キメラテック・オーバー・ドラゴン》などで攻める際に耐性を付与するのも良い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サイバー・エタニティ・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 融合モンスター 星10 光属性 機械族 攻2800 守4000

広告