《サイバー・ジラフ/Cyber Kirin》

効果モンスター
星3/光属性/機械族/攻 300/守 800
このカードを生け贄に捧げる。
このターンのエンドフェイズまで、
このカードのコントローラーへの効果によるダメージは0になる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。
 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した光属性機械族下級モンスター
 コントロールするプレイヤーへの効果ダメージが0になる起動効果を持つ。

 攻撃力の低さから《シャインエンジェル》《リミット・リバース》等で呼ぶことができ、《パワー・ボンド》デメリット無効化できる。
 だが、伏せ除去カードで一気に勝負を決めた方が早く、それでなくてもステータスが高くリリースする必要のない《デス・ウォンバット》通常召喚する必要のない《ハネワタ》の方がダメージ回避に使いやすい。
 そのため、《パワー・ボンド》の反動ダメージを回避したい場合でもあまり使われることはない。
 一応、【機械族】【サイバー・ドラゴン】における《一族の結束》《群雄割拠》の使用を阻害せずに済み、かつ《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合素材にもなるというメリットはある。

  • 「ジラフ」とはキリンの事だが、このモンスターのデザインは実在するキリンではなく伝説上の生物「麒麟」のようである。
    カイザー亮の使った他のサイバーモンスターが、フェニックスドラゴン等の空想上の生き物がモチーフになっている点から見ても間違いないだろう。
    しかし英語で「Giraffe」と表記すると実在するキリンを指してしまうため、そのまま「Kirin」と訳したようだ。
    なお伝説上の「麒麟」の英語表記は「Qilin(チーリン)」となる。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE4では、なぜか戦士族が収録されたパックにこのカードが収録されている。

関連カード

―麒麟のモンスター

効果ダメージを0にする効果については《デス・ウォンバット》を参照。

収録パック等


Tag: 《サイバー・ジラフ》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 機械族 攻300 守800

広告