《サイバー・ダーク・エッジ/Cyberdark Edge》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃力は、この効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
その場合、このカードの攻撃力はダメージ計算時のみ半分になる。
このカードが戦闘によって破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

 CYBERDARK IMPACTで登場した闇属性機械族下級モンスター
 サイバー・ダークの共通効果の他、相手フィールドモンスターが存在していても直接攻撃できる永続効果、その際攻撃力が半分になる永続効果を持つ。

 サイバー・ダーク共通効果の利点、活用法についてはサイバー・ダーク《サイバー・ダーク・ホーン》を参照。
 このカードの場合は直接攻撃を行え、最大攻撃力になる《ハウンド・ドラゴン》を装備すれば、毎ターン1250のダメージを与えられる。
 相手ターンでは、そのまま攻撃力2500のにもなる。
 ダメージを優先する場合、《ドラグニティ−ブランディストック》を装備し700×2=1400を与える選択肢もある。

 効果発動すれば貫通効果を持つ《サイバー・ダーク・ホーン》と同程度の戦闘ダメージを見込めるが、こちらは相手モンスターを残してしまう。
 残したモンスターシンクロ召喚エクシーズ召喚に利用される可能性は高い他、シンクロモンスターエクシーズモンスターの残して効果を再利用される可能性も高い。
 そのため、このカード戦闘ダメージそのものよりも、ドラゴン族サイバー・ダーク装備カードとした場合の効果トリガーとして使う事になる。
 直接攻撃可能なこのカードは、相手フィールドに高攻撃力モンスターがいても戦闘しやすいため優先する意義が大きい。

 この他、《ブラック・ガーデン》の影響下ではローズ・トークンフィールドに残せるため、相手フィールドを埋め尽くしたり、《群雄割拠》などと併せる事で一方的に攻撃を行える。
 自爆特攻で解除されてしまうが、相手の展開は確実に遅れるので、戦闘ダメージを稼ぎやすい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて、丸藤亮が使用する「サイバー流裏デッキ」のモンスター
    初登場は「ヘルカイザー亮vsダークネス吹雪」戦である。
    攻撃名は「カウンター・バーン」。

関連カード

融合関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:装備カードが装備されてない状態でも、相手直接攻撃できますか?
A:はい、できます。

Q:相手モンスターが存在しない時の、通常の直接攻撃の場合でも攻撃力は半分になりますか?
A:いいえ、自身の効果を使わない直接攻撃の場合は、攻撃力は半分にはなりません。


Tag: 《サイバー・ダーク・エッジ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻800 守800 サイバー・ダーク

広告