《サイバー・チュチュ/Cyber Tutu》

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1000/守 800
相手フィールド上に存在する全てのモンスターの攻撃力が
このカードの攻撃力よりも高い場合、
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した地属性戦士族下級モンスター
 相手フィールド上にモンスターが存在していても、相手直接攻撃を行える永続効果を持つ。

 直接攻撃ができるものの、裏側表示モンスターや、攻撃力1000以下のモンスターが存在すると直接攻撃はできない。
 近年はモンスターが採用されにくくなりそういった機会は減少しているものの、この程度の攻撃力ダイレクトアタッカーは他にも多く、発動条件の分マイナスになることに変わりはない。
 しかも《人造人間7号》等と違い、《デーモンの斧》等で攻撃力強化すると、直接攻撃が活かせなくなる。
 ダイレクトアタッカーの中でも、使いにくい部類に入ると言わざるを得ない。

 《リミット・リバース》に対応する最大の攻撃力を持つが、その立場でも《エレキジ》など、条件なしでダイレクトアタック可能かつ追加効果を持つモンスターが存在する。
 レベル属性種族で差別化を図りたいところだが、使いやすい《マジック・ストライカー》と全て被っており、大半の状況であちらが優先される。

 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》裏側表示モンスター等を除去するのも手だが、ロックカードがなければ攻撃を受ける可能性もある。
 《聖なる輝き》でも補助できるが、掛けた手間に見合う成果は期待しにくい。
 使うなら、《増援》《戦士の生還》等を投入するデッキに1枚投入する程度か。

  • 海外版ではスカートがやや長くなり、透けない素材に修正されている。
  • 「チュチュ」とは、フランス語の「tutu」であり、ギャザーのはいった短いスカートのことである。
    バレリーナ用の舞台衣装を指し、チュールなど薄くて張りのある生地を重ねて作る。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて、天上院明日香の愛用するサイバー・ガール。
    初登場は「明日香vsタイタン」戦で、その後も頻繁に出番を与えられている。
    他にも「明日香vsボーイ」戦、「明日香vs万丈目」(2戦目)、「明日香vsソムリエ・パーカー」戦、「十代&明日香vs剣山&レイ」戦と、登場回数はもちろん、その時期も多岐に渡っており、事実上彼女のデッキのメインカードと言える一枚である。
    また、直接攻撃した次のターン攻撃された場合はかなりの割合で《ドゥーブルパッセ》で守られ相手ダメージを与えている。
    専用サポートカード速攻魔法《プリマの光》によって《サイバー・プリマ》に進化する。
    攻撃名は「ヌーベル・ポアント」。
    • アニメではイラストが異なり、背景が濃い青と赤と黒で、正面を向いている。
  • アニメ5D'sにおいて、情報屋兼マニアショップ「KURUMIZAWA」の店内に《白魔導士ピケル》らと共にフィギュアが並んでいた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サイバー・チュチュ》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 戦士族 攻1000 守800

広告