《サイバー・ドラゴン・コア/Cyber Dragon Core》

効果モンスター
星2/光属性/機械族/攻 400/守1500
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−機光竜襲雷−で登場した光属性機械族下級モンスター
 フィールド墓地カード名《サイバー・ドラゴン》とするルール効果召喚に成功した場合にサイバーまたはサイバネティック魔法・罠カードサーチする誘発効果墓地から除外する事で「サイバー・ドラゴン」をリクルートする起動効果を持つ。

 (1)はカード名《サイバー・ドラゴン》になる効果
 融合素材として活用できる他、《機械複製術》に対応しているのでデッキから2体の《サイバー・ドラゴン》リクルートできる。
 墓地へ送られれば《サイバー・リペア・プラント》発動条件を満たすことができ、(2)の効果と併せれば2体のモンスターを並べることもできる。
 しかし、チェーンして効果無効にされると使い道の乏しい自身を2体までリクルートする事になる点には注意したい。

 (2)の効果は特定のカードサーチであり、召喚するだけで1枚のアドバンテージを得られる。
 しかし、サーチ先はどれも癖が強く効果がバラバラなので、デッキ構成の段階で何を軸とするのか決めておきたい。
 サーチを行う《エマージェンシー・サイバー》《サイバー・リペア・プラント》サイバー・ドラゴン蘇生する《サイバー・レヴシステム》融合モンスター特殊召喚する《サイバーロード・フュージョン》《サイバネティック・レボリューション》等が有力な候補として挙げられる。

 (3)は、《サイバー・ドラゴン》と同じ条件で自身を墓地から除外する事により「サイバー・ドラゴンモンスターリクルートする効果
 レベル1〜5までのモンスターを任意に出せるため、シンクロ召喚エクシーズ召喚等の補助が可能となる。
 また、《プロト・サイバー・ドラゴン》等を特殊召喚して《地獄の暴走召喚》《サイバー・ドラゴン》を展開することもできる。
 なお、(2)の効果強制効果であるため、このカード召喚したターンに何らかの手段で墓地へ送り、発動条件を満たしても発動できない点には注意。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:裏側表示のこのカード《サイバー・ツイン・ドラゴン》融合素材にできますか?
A:裏側表示のこのカードカード名は、《サイバー・ドラゴン》として扱いません。
  よって、《サイバー・ツイン・ドラゴン》融合素材にできません。(15/06/07)


Tag: 《サイバー・ドラゴン・コア》 効果モンスター モンスター 星2 光属性 機械族 攻400 守1500 サイバー・ドラゴン

広告