《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/機械族/攻2100
【リンクマーカー:左/下】
「サイバー・ドラゴン」を含む機械族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが攻撃宣言をしていない自分・相手のバトルフェイズに、
自分フィールドの攻撃力2100以上の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで2100アップする。
この効果の発動後、ターン終了時までこのカードの戦闘によるお互いの戦闘ダメージは0になる。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した光属性機械族リンクモンスター
 《サイバー・ドラゴン》として扱うルール効果バトルフェイズに条件を満たした機械族強化する誘発即時効果を持つ。

 リンク素材には《サイバー・ドラゴン》を含む機械族2体が指定されており、主に【サイバー・ドラゴン】で使用する事になる。
 《サイバー・ドラゴン》は自身の効果特殊召喚が可能なので、リンク召喚は容易な部類に入る。
 《サイバー・ドラゴン・コア》等の《サイバー・ドラゴン》扱いになるモンスターリンク素材にできる。
 自分のモンスター限定ではあるが、基本的には《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》融合素材と同じ感覚で調達できるだろう。

 (1)はフィールド墓地《サイバー・ドラゴン》として扱う効果
 《サイバー・ドラゴン》の関連サポートを受けたり、融合素材にすることが可能。
 リンクマーカーメインモンスターゾーンでも活用できるため、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》《サイバー・レヴシステム》といった蘇生効果を持つカードとの相性も良い。
 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》効果蘇生し、エクストラモンスターゾーンを空けつつ《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》特殊召喚するなどの動きもできる。
 一方で、相手《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の素材にされるリスクも引き継いでいるので、【機械族】相手にする時は注意したい。

 (2)は攻撃力2100以上の機械族強化
 お互いターンに使用できるが、《オネスト》等と異なり見えているためとしての奇襲性は低く、攻撃への用途が主となる。
 2100という強化値は破格であり、《サイバー・ツイン・ドラゴン》等の連続攻撃や、《パワー・ボンド》《リミッター解除》等の高火力に上乗せすれば、1ターンキルも狙いやすい。
 また、あくまで順番として攻撃前にしか発動できないというだけであり、この効果発動後にこのカード自身で攻撃し、強化したモンスター直接攻撃の露払いとすることはできる。
 戦闘ダメージこそ与えられないものの、このカード自身に使い攻撃力4200として戦闘破壊に使うこともできる。

関連カード

―《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 光属性 機械族 攻2100 サイバー・ドラゴン

広告