《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ/Cyber Dragon Zwei》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1000
このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップの間、
このカードの攻撃力は300ポイントアップする。
1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を相手に見せて発動できる。
このカードのカード名はエンドフェイズ時まで
「サイバー・ドラゴン」として扱う。
また、このカードのカード名は、
墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した光属性機械族下級モンスター
 ダメージステップの間だけ攻撃力が上昇する永続効果手札魔法カードを見せる事でエンドフェイズまで《サイバー・ドラゴン》として扱う起動効果墓地に存在する場合《サイバー・ドラゴン》として扱うルール効果を持つ。

 第一の効果攻撃力を上昇させる効果
 攻撃力が1800となり、通常のアタッカーとして使用することができる。
 ただし、攻撃力上昇の条件はこのカード相手モンスター攻撃を仕掛けた場合のみであるため、相手モンスターからの攻撃には効果を発揮できない。
 低めの攻撃力《シャインエンジェル》《ユーフォロイド》からリクルートできるという利点になっている。

 第二の効果手札魔法カードを見せることで《サイバー・ドラゴン》として扱う効果
 それほど難しくない条件だが、サイバー・ドラゴン内で所持者が多く存在する、フィールド上(および墓地)で無条件で《サイバー・ドラゴン》として扱える効果と比べると使い勝手は落ちる。
 《サイバー・ドラゴン・ドライ》レベル変動を用いてのエクシーズ召喚《融合呪印生物−光》での特殊召喚など、必ずしも魔法カードを必要としない戦術が遂行できない場合も生まれ、後述の通り《地獄の暴走召喚》の爆発力も落ちてしまう。

 第三の効果墓地《サイバー・ドラゴン》として扱う効果で、《サイバー・ドラゴン・コア》《サイバー・ドラゴン・ドライ》も同様の効果を持つ。
 《オーバーロード・フュージョン》《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合召喚の補助に使用することができる、《サイバー・ツイン・ドラゴン》等の《融合解除》による融合素材特殊召喚にも対応する、《継承の印》などの同名カードを参照するカードの補助になるなどの利点がある。
 《地獄の暴走召喚》にも影響するが、このカードに関しては独自のデメリットもある。(下記参照)

 基本的には【サイバー・ドラゴン】で、《サイバー・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン・ドライ》に次ぐアタッカー兼素材という立ち位置になる。
 リクルーターを使用する構築であれば出番も増えるだろう。

  • 「ツヴァイ(zwei)」とは、ドイツ語で「2」を意味する数詞。

関連カード

―《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札魔法カードを見せることで《サイバー・ドラゴン》として扱う効果手札でも発動できますか?
A:いいえ、フィールド上で発動する効果なので手札発動する事はできません。(09/11/14)

Q:このカードの効果フィールド上で《サイバー・ドラゴン》と扱われている時に、《スキルドレイン》などを発動した場合このカード名は《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》として扱いますか?
A:いいえ、その場合でもカード名は《サイバー・ドラゴン》のままになります。(09/11/16)

Q:フィールド上に表側表示で存在する《サイバー・ドラゴン》扱いのこのカード二枚を《サイバー・ツイン・ドラゴン》、三枚を《サイバー・エンド・ドラゴン》融合素材として墓地に送りました。その後、《融合解除》《サイバー・ツイン・ドラゴン》《サイバー・エンド・ドラゴン》エクストラデッキに戻した後、墓地に存在する融合素材モンスター一組を特殊召喚することができますか?
A:はい、できます。(09/11/21)


Tag: 《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 機械族 攻1500 守1000 サイバー・ドラゴン

広告