《サイバー・ドラゴン・ドライ/Cyber Dragon Drei》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1800/守 800
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分フィールドの全ての「サイバー・ドラゴン」のレベルを5にする。
この効果を発動するターン、自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードが除外された場合、
自分フィールドの「サイバー・ドラゴン」1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは戦闘・効果では破壊されない。

 ストラクチャーデッキ−機光竜襲雷−で登場した光属性機械族下級モンスター
 召喚に成功した時に全ての《サイバー・ドラゴン》レベルを5にできる誘発効果、このカード除外された場合《サイバー・ドラゴン》1体に破壊耐性を与える誘発効果フィールド墓地《サイバー・ドラゴン》として扱う分類のない効果を持つ。

 (2)の効果は、《サイバー・ドラゴン》レベルを変更するもの。
 《サイバー・ドラゴン》レベルは元から5なので、自身を含めた《サイバー・ドラゴン》扱いとなるカードレベルを変更することになる。
 特に《サイバー・ドラゴン・フィーア》と相性が良く、この効果チェーンして特殊召喚する事で、2体共レベル5に変更してランク5のエクシーズ召喚を狙うことができる。
 また、《マーシャリング・フィールド》を併用すればランク6〜9のエクシーズモンスターを使い分ける事が可能。
 デメリットにより発動ターン機械族しか特殊召喚できなくなるが、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》から繋げられる《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》なら無効効果により十分な制圧力を持つため問題はないだろう。

 (3)の効果は、《サイバー・ドラゴン》破壊耐性を与える効果
 発動条件が「このカード除外された場合」という限定的なもので、さらに耐性はそのターン限りと短いため、使い勝手は悪い。
 《サイバー・ネットワーク》であれば、相手ターンに使用してデッキ圧縮耐性付与、除外アドバンテージ稼ぎを同時に行う事ができる。
 しかし、他に有力なトリガーが見当たらない上に破壊効果チェーンしても耐性が与えられるのはチェーン処理後なので破壊を防ぐことはできず、先出しが必須なため微妙な所。
 加えて、《サイバー・ドラゴン》フィールドに残しておくと《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》融合素材として逆利用される可能性があり、それを防げない点も評価を下げる。

 どちらの効果も癖が強いが、《サイバー・ドラゴン》として扱えるカードの中では攻撃力が高く、アタッカーとしてはそれなりに役立つ。
 (2)の効果レベル5となったこのカードを、《サイバー・ネットワーク》同名カードコンボ耐性を付与して守れば、次のターンには好きなランク5のエクシーズモンスターへ繋げられる。
 いずれにしても昨今では《サイバー・ドラゴン》も有利な状況で特殊召喚するのは難しいため、サポートカードを前提にフィールド維持役に専念させたほうが良い。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「遊矢vs沢渡」(1戦目)で沢渡が使用した通常魔法《リリース・トレード》のイラストに描かれている。

関連カード

―《サイバー・ドラゴン・ドライ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にこのカード除外された場合でも(3)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/12/07)

Q:耐性を与える効果の処理時に対象に選択したモンスター裏側表示になった場合でも、効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/12/07)

Q:元々の持ち主相手であるこのカードコントロールを奪い《亜空間物質転送装置》《異次元隔離マシーン》除外しました。
  このカードの(3)の効果はどちらのプレイヤー発動できますか?
A:《亜空間物質転送装置》《異次元隔離マシーン》発動した自分となります。(14/07/16)


Tag: 《サイバー・ドラゴン・ドライ》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 機械族 攻1800 守800 サイバー・ドラゴン

広告