《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 100/守 100
このカード名の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで5にする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地からこのカード以外の「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した光属性機械族下級モンスター
 フィールド墓地カード名《サイバー・ドラゴン》とするルール効果特殊召喚に成功した場合にレベルを5にできる誘発効果墓地へ送られた場合に自身以外の《サイバー・ドラゴン》サーチサルベージする誘発効果を持つ。

 (1)は《サイバー・ドラゴン・コア》等と同じくカード名《サイバー・ドラゴン》にとして扱う効果
 攻撃力の低さから《サイバー・ドラゴン・コア》と同様に《機械複製術》《地獄の暴走召喚》に対応し、《サイバー・ドラゴン》を展開できる。
 またこちらはレベル1のサポートカードに対応するため、《ワン・フォー・ワン》などからもリクルートできる。

 (2)の効果レベルの変更。
 (3)の効果と同じターン発動できないため、発動後は《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》エクシーズ素材にするのが良い。
 特殊召喚の方法は上記の《ワン・フォー・ワン》や、《サイバー・ドラゴン・コア》によるリクルートなどがいいか。

 (3)は《サイバー・ドラゴン》サーチサルベージ効果
 墓地へ送られた場合であればよいので、エクシーズ素材から取り除いた場合や融合素材にした場合でも効果が使える。
 また、同名カード墓地にあればそれをサルベージすることも可能なので、手札コストとして優れている。
 《おろかな埋葬》などで直接墓地へ送りサーチ手段とするのもよい。

  • ツヴァイドライといった命名則から見るに、この「ヘルツ」とはドイツ語で「心臓・心」を意味する「Herz」のことを指すと思われる。
    もしくはイラストの似たコアが存在することから、コアと同じくパソコンの処理速度の関連する要素であるクロック数の単位のヘルツ(Hz)が由来の可能性もある。

関連カード

―《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 機械族 攻100 守100 サイバー・ドラゴン

広告