《サイバー・フェニックス/Cyber Phoenix》

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻1200/守1600
このカードがフィールド上に表側攻撃表示で存在する限り、
自分フィールド上の機械族モンスター1体を対象とする
魔法・罠カードの効果を無効にする。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキからカードを1枚ドローできる。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した炎属性機械族下級モンスター
 機械族対象とする魔法・罠カード効果無効にする永続効果と、ドローを加速する誘発効果を持つ。

 機械族全体に効果耐性を付与でき、戦闘破壊されてもディスアドバンテージにならない。
 《リビングデッドの呼び声》等で特殊召喚した機械族モンスター完全蘇生状態にもできる。
 ドロー効果をより活用するなら《強制転移》相手送りつけるのも手。
 このカードリクルートできる《UFOタートル》機械族で相性が良い。
 《ジェイドナイト》と並べれば対象を取らない罠カードによる破壊耐性も得られ、共に戦闘破壊されてもディスアドバンテージとならない。

 なにかと便利に見えるモンスターだが、実際の【機械族】では特に優先順位が高いわけでもない。
 耐性付与自体は弱くないのだが、これを受けたいモンスターと同時に並べるまでに手間を要する。
 加えてそういった機会では全体除去による被害も大きく、《マシンナーズ・ギアフレーム》と比較し小回りを利かせにくい。
 《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》相手には複数並べると一気に除去されるのも痛い。

 戦闘破壊されても損はしないという性質も、リクルーターにすら劣る攻撃力であるため、様子見で出すのに便利な程度。
 守備力はこれに耐える数値であるが、効果の性質上守備表示では出しにくく、情報アドバンテージを与えてしまう点も偵察要員として見ると勝手が悪い。
 《強制脱出装置》などを積み込むデッキには有効だが、結局のところそれ以外では上記カードでの防御に比べ、消費を抑えやすいという事もない。
 単純にドローを狙う場合も、《カードガンナー》より確実性に欠けており、明確にメタを張る範囲を定めずして採用するのであれば、中途半端である点は否めないだろう。

 同時展開を行いやすくする意味でも、上記の《リビングデッドの呼び声》とは是非併用したいところ。
 機械族1体を対象にする魔法・罠カードチェーンしてこのカード蘇生することで、それを無効にできる。
 《カードガンナー》ともシナジーがあり、ランダムとはいえ蘇生先も確保できる可能性がある。
 また無理に優先させずとも、これらドロー効果を持つ機械族で固め、《オーバーロード・フュージョン》による1ターンキルを狙うようなデッキならば、どちらの効果も有効に働く。
 《UFOタートル》を利用する【炎属性】リクルート先の一つとして採用するのも悪くない。
 また《マシンナーズ・フォートレス》の弱点を補いやすいため、あちらとは是非併用したい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:裏側守備表示のこのカード攻撃され、ダメージステップ表側表示になってから破壊された場合ドローできますか?
A:はい、できます。(13/12/12)

Q:このカード自分フィールド上に存在している時に《リビングデッドの呼び声》効果により機械族モンスターを選択した場合、その選択したモンスター自分フィールド上に特殊召喚されますか?
A:はい。《リビングデッドの呼び声》墓地モンスター対象にしているため、特殊召喚されます。
  その後は効果を受けるので、その《リビングデッドの呼び声》フィールド離れても、そのモンスター破壊されません。

Q:このカード自分フィールド上に存在している時に《洗脳−ブレインコントロール》発動し、相手フィールド上の機械族モンスターを選択した場合、ターン終了時にその相手モンスターコントローラーは誰になりますか?
A:相手に戻ります。

Q:このカード自分フィールド上に存在している時に相手《強奪》《堕落》)を発動し、自分フィールド上の機械族モンスターを選択した場合、回復ダメージ効果適用されますか?
A:カード自体の効果無効にするので回復ダメージ)も適用されません。

Q:このカード自分フィールド上に表側攻撃表示で存在しています。
  相手フィールド上の機械族《強奪》発動した場合、どう処理しますか?
  (有効⇔無効コントロールが定まらない)
A:無限ループを誘発するため、相手機械族対象にできません。(10/07/14)

広告