《サイバーサル・サイクロン/Cybersal Cyclone》

速攻魔法
(1):相手フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとリンクマーカーの数が同じモンスター1体を自分の墓地から選んで除外し、
対象のモンスターを破壊する。
この効果で除外した自分のモンスターの元々の種族がサイバース族の場合、
さらに相手の魔法&罠ゾーンの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した速攻魔法
 自分墓地からリンクモンスター除外して相手リンクモンスター破壊し、一定条件下で更に相手表側表示魔法・罠カード破壊する効果を持つ。

 両者にリンク数が同じリンクモンスターが必要という限定的な効果だが、リンク数は幅が小さく、高リンクのために低リンクを経由することも多いので、相手リンクモンスターを全く使わない場合を除けば腐るリスクはさほどではない。
 自分が低リンクを経由したリンク召喚を多用するなら、除去の下準備は無理なく整えられるだろう。

 とはいえ単に1:1交換するだけならこのカードを採用する必要はないので、後半の効果で1:2交換に繋げるために【サイバース族】での使用が前提となるだろう。
 こちらは更に相手デッキ次第だが、無駄になるとしても前半の効果さえ機能すれば最低限の役割は果たせる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vsファウスト」戦でPlaymakerが使用。
    《デコード・トーカー》除外して《電動蟲(モーターワーム)スプレッド女王(クイーン)》の除去を狙うが、永続魔法守護蟲穴(プロテクション・ワームホール)》により「モーターワームトークン」を破壊身代わりにされた。
    しかしPlaymakerの真の狙いは「モーターワームトークン」をファウストのフィールドから消滅させる事であり、後半の追加効果によって《守護蟲穴》の破壊に成功した。
    (《守護蟲穴》は自身の破壊身代わりにも「モーターワームトークン」を使えたため、「モーターワームトークン」を事前に消滅させる必要があった。)
  • 「穂村尊/Soulburner vsビットブート」戦ではSoulburnerの手札に確認できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サイバーサル・サイクロン》 魔法 速攻魔法 サイバー

広告