《サイバース・ウィッチ》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:左下/下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地の魔法カード1枚を除外して発動できる。
デッキからサイバース族の儀式モンスター1体と「サイバネット・リチューアル」1枚を手札に加える。
(2):このカードの(1)の効果を発動したターンの自分メインフェイズに、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 特定のカードサーチする誘発効果、その効果発動したターン墓地からサイバース族蘇生できる起動効果を持つ。

 リンク素材サイバース族が指定され、効果を活かすにはサイバース族儀式モンスター及び《サイバネット・リチューアル》デッキに入れる必要がある。
 基本的に【サイバース族】にその2枚を採用した上で使用することになる。
 また、リンクマーカーとその効果の性質上、エクストラモンスターゾーンに存在しなければ全く機能しないモンスターでもある。
 とはいえ、このリンクマーカーの向きならまずエクストラモンスターゾーンに出しリンク先を増やしたい場合が多く、運用の際にこちらは大きな問題になりにくい。
 蘇生による効果の再利用ができないモンスターである、程度の認識で良いだろう。

 (1)は、リンク先への特殊召喚トリガーとしてサイバース族儀式モンスター《サイバネット・リチューアル》サーチする効果
 儀式召喚に必要な2枚が一気に揃うため、手札事故の可能性が減り、儀式召喚ディスアドバンテージを軽減できる。
 《サイバース・ガジェット》サイバース族蘇生させ、2体でこのカードリンク召喚した後、リンク先ガジェット・トークンを出せば一気に効果を使用できる。
 墓地魔法カード除外する必要があるが、コストとしてはかなり軽いといえる。
 《ワンタイム・パスコード》はこのモンスターリンク素材コストとなる墓地魔法カードを同時に用意出来るため相性が良い。
 ただし、デッキ内にサイバース族儀式モンスター《サイバネット・リチューアル》いずれか片方でも存在しなくなるとこの効果発動できない点には注意が必要である。
 特に後者の投入枚数を絞る場合、ドローしてしまった該当カード《リンク・ディサイプル》デッキ戻す等のギミックを用意しておきたい。

 (2)は(1)の効果発動したターン蘇生効果
 蘇生したモンスターデメリットは一切なく、その効果の再利用も狙える。
 (1)の効果サーチした儀式魔法リリースに使うのもよい。

 (2)の効果蘇生したサイバース族とこのカード《サモン・ソーサレス》リンク召喚し、あちらの効果で(1)のトリガーとしたモンスター対象にすればモンスターをさらにリクルートできる。
 《サモン・ソーサレス》リクルート効果レベル制限はないため、儀式召喚リリース確保もより確実に行える。

 (1)の効果儀式召喚に必要なカードを揃え、(2)の効果レベル4までのリリースを用意できるため、《サイバネット・リチューアル》を絡めた儀式召喚を狙える。
 ただ、(1)の効果トリガーとしたカードなどを使いさらにリンクモンスターを展開することも狙える。
 《サイバネット・リチューアル》墓地発動できる効果もあることから、サーチしたカード手札コストなどに使用し、儀式召喚しないことも戦術としては有用である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サイバース・ウィッチ》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 闇属性 サイバース族 攻800

広告