《サイバース・ガジェット》

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1400/守 300
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効になる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 Vジャンプ(2017年5月号) 付属カードで登場した光属性サイバース族下級モンスター
 召喚に成功した時にレベル2以下のモンスター蘇生できる誘発効果フィールドから墓地へ送られた場合にガジェット・トークン特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 チューナーでなくなった代わりに、(2)のトークン生成効果を得た《ジャンク・シンクロン》と言うべきカード
 特にトークン生成が「場合任意効果」であるため、リンク素材シンクロ素材になった場合でも発動できるのが特長。
 召喚して(1)の効果モンスターを蘇生、そのモンスターと共にリンク2のリンク召喚、そのリンクモンスターガジェット・トークンリンク召喚とつなげる事で、1枚でリンク3のリンクモンスターに繋げられる。
 通常モンスタートークンを素材にできないリンクモンスターを出したい場合は、ガジェット・トークン《リンク・スパイダー》の素材にしてから更にリンク素材にするとよい。

 【サイバース族】では中盤以降の展開の主力として大活躍する。
 蘇生するのはレベル通常モンスター《ビットロン》《デジトロン》が主。
 またレベル1の《ドットスケーパー》もその自己再生能力から有力な蘇生先となる。

 (1)の効果チューナー蘇生し、《瑚之龍》などのシンクロチューナーを出せば、ガジェット・トークンとで更に高レベルシンクロモンスターにつなげられる。
 ガジェット・トークン光属性のため、非チューナー光属性を指定する《ライトエンド・ドラゴン》《ライトロード・アーク ミカエル》なども出せる。

  • 因みに第9期に登場した最後の新規カードでもある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバース・ガジェット》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 サイバース族 攻1400 守300 ガジェット

広告