《サイバネット・カスケード》

通常罠
(1):自分がリンクモンスターのリンク召喚に成功した場合、
そのリンク素材とした自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 STARTER DECK(2019)で登場した通常罠
 自分リンク召喚に成功した場合にそのリンク素材1体を蘇生する効果を持つ。

 リンク召喚は基本的に自分ターンで行うため、セットした次の相手ターンを凌がなければ発動ができない。
 自分モンスター1体を蘇生する罠カードには《リビングデッドの呼び声》《戦線復帰》なども存在しており、それらはセットした次の相手ターンでそのまま使用できる。
 表示形式などの制限なしで完全蘇生できる利点があるが、それを差し引いてもこのカードの扱いにくさは否めない。

 一応、サイバネットに属するのでサーチできるメリットはある。

  • カスケード(Cascade)とは「小さい滝が連なっている様子」や建築用語で「数珠繋ぎになったもの、連続したもの」を指す言葉だが、サイバネットであることを考えると、モチーフは複数のハブを階層的に接続する「カスケード接続」のことだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《サイバネット・カスケード》 通常罠 サイバネット

広告