《サイバネット・コーデック》

永続魔法
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
このターン、同じ属性のモンスターを自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 ストラクチャーデッキ−マスター・リンク−で登場する永続魔法
 エクストラデッキからコード・トーカー特殊召喚した場合に、それと同じ属性サイバース族1体をサーチできる効果を持つ。

 発動回数に制限はなく、複数の属性コード・トーカーエクストラデッキから特殊召喚すればアドバンテージとなる。
 しかし、《コード・トーカー》以外のコード・トーカーリンク3であり連続でのリンク召喚は消費が増えやすい。

 《コード・トーカー》リンク召喚して闇属性サーチ、その《コード・トーカー》を素材に闇属性以外のコード・トーカーリンク召喚してまたサーチするという動きが基本となる。
 《トランスコード・トーカー》を出せば地属性サーチ《コード・トーカー》蘇生できるため、そこから地属性闇属性以外のコード・トーカーにつなげて3枚サーチも狙える。

 《コード・トーカー》リンク召喚した場合に《マイクロ・コーダー》サーチにすればリンク3のコード・トーカーを出せ、《マイクロ・コーダー》サーチ効果発動可能。
 その際《エンコード・トーカー》リンク召喚して、このカード効果《サイバース・ガジェット》を、《マイクロ・コーダー》効果《サイバネット・オプティマイズ》サーチすれば、《サイバース・ガジェット》からコード・トーカーに繋げられるため更なる展開が可能となる。

  • 「コーデック(Codec)」とは「Coder-decoder」の略語で、データの「符号化(エンコード)」と「復号化(デコード)」の両方を行える技術、またはそれを実装したソフトウェアのこと。
    かつてはデータの種類に関係なく、アナログデータとデジタルデータを相互変換するものを指していたが、現在は画像・映像・音声を非可逆圧縮・伸長するものを指すことが多い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《サイバネット・コーデック》 魔法 永続魔法 サイバネット

広告