《サイバネット・ストーム》

フィールド魔法
(1):フィールドのリンク状態のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
リンクモンスターのリンク召喚は無効化されない。
(3):自分が2000以上の戦闘・効果ダメージを受けた場合に発動できる。
自分のEXデッキの裏側表示のカードだけをシャッフルし、その一番上のカードをめくる。
めくったカードがサイバース族リンクモンスターだった場合、そのモンスターを特殊召喚する。
違った場合は元に戻す。

 ストラクチャーデッキ−パワーコード・リンク−で登場するフィールド魔法
 リンク状態モンスター全体強化する効果リンク召喚無効化されなくなる効果ダメージを受けた場合にランダムサイバース族リンクモンスター1体を特殊召喚する効果を持つ。

 (1)はリンク状態モンスターへの全体強化
 リンク召喚し、そのリンク先モンスターが存在すればどちらも強化される。
 相手にも適用されるため、相手リンクモンスターは素早く除去しておきたい。

 (2)はリンク召喚無効化を防ぐもの。
 カウンター罠などには強いが、リンクモンスターそのものには耐性がつかない。
 自分だけでなく相手リンク召喚無効にできなくなるので諸刃の剣である。

 (3)はサイバース族リンクモンスターランダム特殊召喚する効果
 エクストラデッキサイバース族リンクモンスターのみで構成すればほぼ確実に特殊召喚できる。
 しかし、その場合でもどのカード特殊召喚されるかは運任せであり、戦術に組み込むのは難しい。
 予め出しやすいリンクモンスターを可能な限りリンク召喚しておき、高リンクリンクモンスターを残しておくと良い。
 また、当然ながらエクストラモンスターゾーンリンク先に空きが無い状況でダメージを受けても発動できない。

 相手がこのカードがある状態で攻撃してくる可能性は低い。
 《召喚制限−猛突するモンスター》などで攻撃を強要する、戦闘ダメージを増やすようにコンバットトリックを行う、相手攻撃に対して《メタバース》でこのカード発動するなど工夫が必要になる。
 《メタバース》はこちらの(1)の効果コンバットトリックに使えるようになるので相性がいい。
 また実際には使えずとも、逆に言えば、相手は2000を越える戦闘ダメージを与えづらくなるので牽制になる。

 能動的に発動条件を満たすならば自爆特攻でもよく、また《アストラルバリア》などで直接攻撃に変えても良い。
 ターン中の回数制限もないので、リクルーターで連続自爆特攻し、ダメージを受け続けて展開するのも良い。
 《G・コザッキー》召喚すれば発動条件を即座に満たせる。

  • 原作・アニメにおいて―
    このカードのモチーフは、アニメVRAINSに登場する「データストーム」だろう。
    イラストに描かれている竜巻は、作中に登場するデータストームとよく似ている。

関連カード

―「サイバネット」と名のついたカードについては《サイバネット・ユニバース》を参照。

収録パック等


Tag: 《サイバネット・ストーム》 魔法 フィールド魔法

広告