《サイバネティック・レボリューション》

通常罠
このカード名の効果は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「サイバー・ドラゴン」1体をリリースして発動できる。
「サイバー・ドラゴン」モンスターを融合素材とする融合モンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、直接攻撃できず、
次のターンのエンドフェイズに破壊される。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−で登場する通常罠
 《サイバー・ドラゴン》リリースし、サイバー・ドラゴン融合素材とする融合モンスターエクストラデッキから特殊召喚する効果を持つ。

 サイバー・ドラゴン融合素材とする融合モンスターのうち、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》《キメラテック・オーバー・ドラゴン》は自身の召喚制限により対象外となる。
 融合召喚扱いではないため、《キメラテック・ランページ・ドラゴン》《サイバー・エタニティ・ドラゴン》は一部の効果が使えず、直接攻撃できない制約から前者は残る効果も活かしづらい。

 基本的には《サイバー・ツイン・ドラゴン》《サイバー・エンド・ドラゴン》特殊召喚を狙うことになるだろう。
 《サイバー・エンド・ドラゴン》貫通効果を持つため、直接攻撃できない制約も気になりにくい。
 《リミッター解除》を併用し1ターンキルを仕掛ける手もある他、《サイバー・エンド・ドラゴン》の場合は《神縛りの塚》破壊耐性を付与するのも有効。
 (2)の効果は使えないものの、《サイバー・エタニティ・ドラゴン》デメリットにより自壊した後も墓地発動できる効果を持つため、そちら狙いで特殊召喚するのもありか。

 自壊効果は「次のターンエンドフェイズ」と、少しだけ遅め。
 自分ターン特殊召喚した場合、次の相手ターンの間もになってくれる。
 《皆既日蝕の書》のような相手ターン中の使用が基本となる裏側表示変更カードと組み合わせるのも案だろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《サイバネティック・レボリューション》 通常罠 サイバネティック

広告