《サイボーグドクター/Cyborg Doctor》

効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1500/守1700
自分フィールド上に存在するチューナー1体をリリースして発動する。
リリースしたモンスターと同じ属性・レベルのモンスター1体を
自分の墓地から特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ANCIENT PROPHECYで登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 チューナーリリースする事で、そのチューナーと同じ属性レベルモンスター蘇生させる起動効果を持つ。

 チューナーコストモンスター蘇生できるが、このカードチューナーが揃っているならそのままシンクロ召喚できる場合が多い。
 シンクロ召喚できない組み合わせの時か、蘇生させるモンスター効果を再利用する目的で使いたい。

 事前に自分墓地に同じレベル属性モンスターが存在していれば、リリースに使用したチューナー蘇生させる事もできる。
 つまり、《BF−疾風のゲイル》のような1ターンに1度しか使えないチューナーモンスター効果を再度使用できることになる。
 《ナイトエンド・ソーサラー》《伝説の白石》など、特殊召喚に成功した時や墓地へ送られた時に効果発動するチューナーにも利用できる。
 自己再生したり、他のカードによる蘇生が容易なチューナーならコストにし易い。
 比較的容易な特殊召喚手段を持つ《BF−天狗風のヒレン》《BF−流離いのコガラシ》とは、そのままレベル9・10のシンクロ召喚をしても良く、蘇生効果にも一層の戦術の幅を持たせられる。
 レベル5・6のシンクロモンスターなら《BF−極北のブリザード》で出せるため、蘇生対象にも困りにくい。

 レベル変更できるチューナーを用いれば、蘇生させるモンスターの選択肢が増える。
 《虚栄の大猿》《音響戦士ベーシス》《コピー・プラント》ならレベルを変更することで高レベルモンスター蘇生にも使える。

 《ジャンク・シンクロン》等の効果蘇生されたチューナーリリースすれば間接的にとはいえ効果無効にされなくなる。
 また地属性チューナー蘇生させてから《鍵戦士キーマン》につなぎ、ランク3のエクシーズ召喚につなげられる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:対象をとる効果ですか?
  また、リリースしたモンスター自体を特殊召喚できますか?
A:対象をとる効果になります。
  またリリースしたモンスター自体を特殊召喚できますが、墓地にそのモンスターと同じ属性レベルモンスター墓地に存在しなければ発動自体できません。(09/05/06)

Q:裏側表示チューナー1体をリリースして発動できますか?
A:はい、できます。(09/05/06)

Q:属性レベルの参照はフィールド墓地除外)のどちらですか?
A:フィールド上に存在している時点での属性レベルの参照にします。(09/06/04)


Tag: 《サイボーグドクター》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 魔法使い族 攻1500 守1700

広告