《サモンチェーン/Chain Summoning》

速攻魔法
チェーン3以降に発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動している場合、
このカードは発動できない。

 PHANTOM DARKNESSで登場した速攻魔法
 チェーンカードの1枚であり、通常召喚権を3回に増やす。

 発動条件は一見難しく見えるが、実際はなんらかの効果の発動に対してクイックエフェクトを1回チェーンするだけで容易に満たせる。
 むしろ難しいのは、増えた通常召喚権を活用するために手札モンスターを確保することの方である。

 その点、ガジェット《E・HERO エアーマン》等の「召喚に成功した時にサーチ効果発動するモンスター」とは特に相性がいい。
 召喚に成功したガジェット誘発効果クイックエフェクトチェーンすれば、発動条件を満たしつつ追加召喚するモンスター手札に加えられる。
 このギミックを活かしたデッキ【コアガジェット】であり、展開したモンスターを使ってシンクロ召喚エクシーズ召喚へと繋げるのが基本戦術である。

 【BF】も比較的容易で、《黒い旋風》《BF−極北のブリザード》《BF−漆黒のエルフェン》発動条件を満たせる。
 ただし、BFには手札事故の心配がない《BF−星影のノートゥング》も存在するため、このカードに頼るべきかはよく考えておきたい。

 【ブンボーグ】ならば、《ブンボーグ003》《ブンボーグ002》特殊召喚するだけで発動条件を満たす事が可能。
 この時、《ブンボーグ002》効果で2枚目の《ブンボーグ003》サーチすれば、さらなる展開に繋げられる。

 他には、【凡骨ビート】に組み込むことでこのカードの恩恵を最大限に受けることができる。
 手札モンスターが大量にいるため3回の召喚機会を持て余すことなく使えるだけでなく、このカード発動条件である自分ターンの3回のチェーンも、《凡骨の意地》にもう1枚のフリーチェーンカードチェーンするだけでこのカード発動条件を満たせる。

 【大革命】に入れても面白い。
 《高等儀式術》キーカードとなるモンスターを全て墓地に送って《補充要員》で回収し、増やした召喚権を利用して即座に《大革命》を決めると言った流れが理想である。

  • Dチーム・ゼアルの「遊馬vsラーフ」戦において、ラーフが後攻ターン目でドローしていたのが確認できる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:すでに通常召喚を行ったターンにこのカード発動した場合、その後何回の通常召喚が行えますか?
A:通常召喚の回数を3回にする効果なので、既に行っているものを含めて3回行えます。

Q:相手ターン発動することはできますか?
A:いいえ、できません。(14/02/17)

Q:《サモンチェーン》と《カード・アドバンス》を同一ターン発動しました。
  このターン通常召喚3回+アドバンス召喚1回が可能になりますか?
A:はい、最大3回の通常召喚に加えてさらに《カード・アドバンス》によるアドバンス召喚を行う事ができます。(16/06/13)


Tag: 《サモンチェーン》 魔法 速攻魔法

広告