《サラマングレイト・レイジ》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「サラマングレイト」モンスター1体を墓地へ送り、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
●自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した
自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのリンクマーカーの数まで、相手フィールドのカードを選んで破壊する。

 ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー−で登場する通常罠
 サラマングレイトモンスター墓地へ送りフィールドのカード破壊する効果サラマングレイトリンクモンスターリンクマーカーの数まで相手フィールドのカード破壊する効果を持つ。

 1つ目の効果は、サラマングレイトモンスターコストフィールドのカード破壊する効果
 ただ発動するだけでは2:1交換となるが、サラマングレイト下級モンスター自己再生できるものが多く、墓地へ送ったとしてもディスアドバンテージにはなりにくい。
 フィールドから墓地へ送ることもできるので、サクリファイス・エスケープにも利用可能。

 2つ目の効果リンクマーカーの数まで相手カード破壊できる効果
 《転生炎獣の意志》などと同様に同名カードリンク素材としたサラマングレイトが存在する必要があり、《転生炎獣の聖域》などを併用しておきたいところ。
 ただ、2枚以上破壊するにはリンクマーカーもその分だけ必要になる。

 1つ目の効果だけだと《サンダー・ブレイク》と似た役割しか果たせないため、効率よく2つ目の効果発動条件を整えるようにしたい。
 特に《転生炎獣サンライトウルフ》と好相性で、向こうの効果によって再利用して繰り返し除去が行える。

  • レイジ(Rage)は英語で「怒り」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


広告