《シールド・ハンドラ/Shield Handler》

通常罠
(1):フィールドのモンスターを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分及び相手フィールドのリンクモンスターを1体ずつ対象としてこのカードを発動できる。
対象の相手モンスターの効果を無効にし、
このカードを装備カード扱いとして対象の自分モンスターに装備する。
装備モンスターは効果では破壊されない。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した通常罠
 モンスター破壊する効果に対して発動し、相手リンクモンスター効果無効にして自分リンクモンスター効果破壊耐性を付与する効果を持つ。

 モンスター破壊する効果発動し、さらにお互いフィールドリンクモンスターが存在する必要があり、発動条件は大きく限定される。
 また、発動した効果そのものに対して影響は与えないため、モンスター破壊されてしまうこともあり得る。

 破壊効果発動した相手リンクモンスター効果無効にするか、こちらのリンクモンスター1体が破壊される場合で、それに耐性を付与する場合なら結果的に破壊はされない。

 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》効果に対して発動し、相手の他の耐性を持つリンクモンスター効果無効にして破壊に巻き込み、こちらのリンクモンスター耐性を付与して守れれば理想的。

  • プログラミング用語としての「ハンドラ(Handler)」とは特定のタイミングで呼び出される処理のことを指す。
    誘発効果のようなものだと思えばイメージしやすい。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《シールド・ハンドラ》の効果処理時に、対象とした自分リンクモンスターフィールドに存在しなくなっている場合、処理はどうなりますか?
A:『対象の相手モンスターの効果を無効にし』の処理は適用されますが、『このカードを装備カード扱いとして対象の自分モンスターに装備する』処理を適用する事はできません。
  効果処理が完了した《シールド・ハンドラ》は装備カードとして装備されずに墓地へ送られる事になります。(18/04/13)


Tag: 《シールド・ハンドラ》 通常罠

広告