《シャドー・インパルス/Shadow Impulse》

通常罠
「シャドー・インパルス」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのSモンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じレベル・種族で
カード名が異なるSモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した通常罠
 破壊され墓地へ送られたシンクロモンスターと同じレベル種族の別のシンクロモンスターエクストラデッキから特殊召喚する効果を持つ。

 同名カード以外のレベル種族が同じシンクロモンスターが必要になり、そのまま使うのならシンクロモンスターを直接蘇生できるカードを使った方が良い。
 基本的にシンクロ素材縛りのあるシンクロモンスター特殊召喚するために使うことになる。
 例えばアンデット族ならば《刀神−不知火》から《アンデット・スカル・デーモン》などに繋ぐことが可能。
 戦士族では《ギガンテック・ファイター》から縛りの厳しい《花札衛−雨四光−》に繋ぐことも狙える。

 能動的に破壊したり、破壊された場合の効果を持つカードを併用するのも良い。
 《スクラップ・ドラゴン》《邪竜星−ガイザー》で自身を対象にすれば、相手カード破壊した上でこのカードトリガーにもなる。
 《ギガンテック・ファイター》なら自爆特攻から自己再生しつつ他のシンクロモンスターを出せる。
 【クリストロン】機械族シンクロ召喚を主体とするデッキであり、共通効果シンクロモンスターを能動的に破壊できるため相性が良い。
 ジャンクでは破壊された《ジャンク・アーチャー》から《ジャンク・バーサーカー》特殊召喚相手弱体化させることで、攻撃力5000までのモンスター戦闘破壊できる。

 ドラゴン族限定だが、《覇王門零》と組み合わせることもできる。
 特殊召喚したモンスター効果こそ使えないが攻撃自体は可能であり、ステータスが0になるため自爆特攻を決めやすい。
 《太陽龍インティ》自爆特攻から除去バーン発動でき、《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》などに繋げられるので相性が良い。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップシンクロモンスターカードの効果破壊され墓地へ送られた時に発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/05/17)

Q:シンクロモンスター効果で複数同時に破壊され墓地へ送られた時に発動できますか?
A:はい、複数破壊されたシンクロモンスターの内1体を選択して発動できます。(15/01/08)

Q:シンクロモンスター裏側表示のままカードの効果破壊され墓地へ送られた時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/05/17)


Tag: 《シャドー・インパルス》 通常罠

広告