《シャドール・ネフィリム/Shaddoll Construct》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻1200
【リンクマーカー:左/右】
リバースモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、「シャドール」融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「シャドール」カード1枚を選んで墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。

 LINK VRAINS PACKで登場した光属性天使族リンクモンスター
 手札フィールドカード融合素材シャドール融合モンスター融合召喚する起動効果手札フィールドシャドールカード墓地へ送り自己再生する起動効果を持つ。

 リンク素材縛りは同リンク《サブテラーマリスの妖魔》と同じく、リバースモンスター2体。
 効果はどちらもシャドールに関わるものなので【シャドール】での採用が主になる。
 リンクマーカーと(2)の効果の都合上、エクストラモンスターゾーンよりも墓地またはメインモンスターゾーンにいて意味を成すモンスターである。
 エクストラモンスターゾーンに出した場合は融合素材リンク素材で速やかに墓地へ送ると良いだろう。

 (1)の効果シャドール融合モンスター融合召喚するもので、自身も融合素材にできるため能動的に墓地へ送る手段にもなる。
 適当なシャドールとで《エルシャドール・ミドラーシュ》《エルシャドール・ネフィリム》《エルシャドール・アプカローネ》のいずれかを出せるので融合召喚できない事はまず無いだろう。
 《エルシャドール・ミドラーシュ》を出すとこちらの大量展開も封じられるので、大量展開したい場合はこのカードの(2)の効果コストにすればよい。
 他属性カードを採用しておけば他のシャドール融合モンスター融合召喚も可能。

 (2)は効果シャドール墓地へ送ることで自己再生する効果
 シャドール墓地へ送られた場合の効果トリガーにもなる。
 更に、メインモンスターゾーンに移る事でリンク先を2カ所確保できる。

 課題はリンク素材の確保がやや難しい事だろう。
 リバースモンスターの大量展開手段は限られている上に、【シャドール】と相性が良いものとなると厳しい条件となる。
 《緊急テレポート》特殊召喚可能な《影霊の翼 ウェンディ》を利用すれば、デッキ構成への負担は少ない。
 ただし、シャドールリバースモンスター効果墓地へ送られた場合の効果を持つため、リンク素材墓地へ送るディスアドバンテージになりやすい。
 《レスキューキャット》リバースモンスター2体を展開するのも効果的で、《ライトロード・ハンター ライコウ》ならシャドール墓地へ送られた場合の効果も活かせる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《シャドール・ネフィリム》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 天使族 攻1200 シャドール

広告