《シャドール・リザード/Shaddoll Squamata》

リバース・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守1000
「シャドール・リザード」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「シャドール・リザード」以外の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した闇属性魔法使い族下級リバースモンスター
 リバースした場合、モンスター1体を破壊できる効果と、効果墓地へ送られた場合、デッキからシャドールカード1枚を墓地へ送る事ができる効果を持つ。

 (1)の効果任意効果であるため、《スノーマンイーター》と違い自壊の心配はない。
 《シャドール・ファルコン》セットすれば相手の行動を制限できる。

 (2)の効果墓地を肥やせるだけでなく、メインデッキにあるシャドール効果発動できる。
 《シャドール・ヘッジホッグ》なら2体目のこのカードサーチでき、《シャドール・ビースト》ならドローにつなげられる。
 また、墓地へ送るカードモンスターに限定されていないため、《影依の原核》墓地へ送ってのサルベージや、《影依融合》の間接的なサーチも可能である。

 同様の効果を持つ《エルシャドール・ネフィリム》《堕ち影の蠢き》は規制を受けてしまったため、【シャドール】における墓地肥やし要員としての重要度は相対的に上昇、優先して投入すべきカードの1枚と言える。

  • 英語名の「Squamata」は、爬虫類の目の1つ「有鱗目」を意味する。
    トカゲとヘビの仲間が有鱗目に属している。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)と(2)の効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)


Tag: 《シャドール・リザード》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1800 守1000 シャドール

広告