《シューティング・スター・ドラゴン/Shooting Star Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
シンクロモンスターのチューナー1体+「スターダスト・ドラゴン」
以下の効果をそれぞれ1ターンに1度ずつ使用できる。
●自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
このターンこのカードはその中のチューナーの数まで
1度のバトルフェイズ中に攻撃する事ができる。
その後めくったカードをデッキに戻してシャッフルする。
●フィールド上のカードを破壊する効果が発動した時、
その効果を無効にし破壊する事ができる。
●相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをゲームから除外し、
相手モンスター1体の攻撃を無効にする事ができる。
エンドフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。

 STARSTRIKE BLASTで登場した風属性ドラゴン族シンクロモンスター
 攻撃回数を増やす起動効果効果による破壊無効にする誘発即時効果攻撃無効にする誘発効果を持つ。

 シンクロ素材が両方ともシンクロモンスターのため、このカードシンクロ召喚するのは一筋縄ではいかない。
 一方はレベル8の《スターダスト・ドラゴン》が指定されているため、基本的にはレベル2のシンクロチューナーである《フォーミュラ・シンクロン》との組み合わせでシンクロ召喚することになる。
 また、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》効果エクストラデッキから特殊召喚する事もできる。

 第1の効果は、デッキからめくったチューナーの数だけ連続攻撃を行うことができる効果
 最大5回の連続攻撃が可能となるが、1枚もチューナーめくれなかった場合、攻撃できなくなってしまうというハイリスク・ハイリターンな特性を持つ。
 ギャンブル性が高いため、後述するように少しでも確率を上げる工夫をしておきたい。

 第2の効果は、《スターダスト・ドラゴン》に近い破壊効果無効化。
 第3の効果と相まって場持ちは良いが、1ターンに1度しか発動できないため除去を連打されると脆い。
 破壊以外の除去耐性はなく、除去効果への耐性《スターダスト・ドラゴン》からあまり変化していないと言える。

 第3の効果は、自身をゲームから除外して相手攻撃無効にするもの。
 自身は攻撃力3300もあるため攻撃されることは少ないが、他のモンスター攻撃から守ったり、《N・グラン・モール》等を防いだりできる。

 シンクロ素材を揃えにくく、このカードが出せる状況なら《スターダスト・ウォリアー》シンクロ召喚可能。
 破壊以外の除去手段が多いことを考えると、《スターダスト・ウォリアー》を出した方が対処できる場面は多い。
 このカードを採用するなら《シューティング・クェーサー・ドラゴン》との併用や連続攻撃を最大限に活かす事を考えたい。

  • 連続攻撃効果を最大限活用するための下準備としては、以下の様な手段が考えられる。
    ただ、デッキトップはともかくデッキの2〜5枚目を操作できるカードは非常に数が乏しく、実際には2〜3回攻撃程度が限界である。
  1. 《ゾンビキャリア》《ダーク・ドリアード》《森羅の施し》等でデッキトップを操作する。
  2. 《貪欲な壺》《転生の予言》チューナーを回収し、デッキ内のチューナーの比率を上げる。
  3. チューナー以外を優先的にサーチリクルートし、デッキ内のチューナー以外のカードを減らす。
  4. 《大王目玉》《魔導書整理》等で、デッキの上のカード確認する。
  5. 《天変地異》を使いデッキトップチューナーの時に発動する。
  • 韓国ドラマ「サイン」にて、ヒロイン・ダギョンと主人公・ジフンを結ぶ要素の一つとして、韓国版のこのカードが2度登場している。
    なお、レアリティウルトラレアである。
  • 突撃時の攻撃名は「スターダスト・ミラージュ」。
    手足を折りたたみ直線的な形態に変形した後、連続攻撃の際はその回数分だけ分身が現れ、敵に突撃する。
    効果を使用しない攻撃時の攻撃方法は突撃・突風・ブレス・音波等と不確定である。
    「vsアポリア」戦では効果を使用しなかったが、5体に分身して攻撃していた。
  • シンクロ召喚時の口上は「集いし夢の結晶が新たな進化の扉を開く。光さす道となれ!アクセルシンクロ!!生来(しょうらい)せよ、《シューティング・スター・ドラゴン》!!」。
  • アニメ版の効果は以下の通りであった。
    アクセルシンクロ・効果モンスター
    星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
    シンクロチューナー+「スターダスト・ドラゴン」 
    このシンクロ召喚は相手ターンでも行う事ができる。
    1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを5枚確認し、
    その中のチューナーの数だけ、このカードは相手モンスターに攻撃する事ができる。
    自分フィールド上に存在するこのカード以外のカードを対象に
    「フィールド上のカードを破壊する効果」を持つ
    魔法・ 罠・効果モンスターの効果が発動した時、
    その発動を無効にし破壊する。
    相手ターンに1度、このカードをゲームから除外する事で、
    相手モンスター1体の攻撃を無効にする事ができる。
    この効果を発動するために除外したこのカードは、
    この効果を適用したターンのエンドフェイズ時に自分フィールド上に戻る。
    コンタクト融合体やメタル化モンスターの様に、特殊召喚される側のモンスターが特殊な召喚手段を内蔵している。
    この相手ターンにもシンクロ召喚できる効果《フォーミュラ・シンクロン》に受け継がれた。
    アニメ版の効果では1つ目の効果直接攻撃ができず、OCG版では強化された。
    ただし「vsハラルド」戦においては、3体の極神への連続攻撃後にハラルドが「もう1枚チューナーモンスターがいれば、私は負けていた」と発言したため、OCG効果のように直接攻撃も可能となっていることが窺える。
    またテキストからはわかりづらいが、《TG ハルバード・キャノン》(アニメ効果)に止められていることからコストではなくOCGと同じく効果除外しているようである。
  • 134話のデュエルワンポイントレッスンで龍亞が、連続攻撃効果名を「シューティング・ミラージュ」と発言していた。
    しかし110話のレッスンでは「スターダスト・ミラージュ」と紹介していたことから、誤植だと思われる。
    漫画版5D'sでは《シューティング・ミラージュ》という名の速攻魔法が登場しているが、特に関係はない。
  • アニメのOPではかつて《スターダスト・ドラゴン》がシルエットのような姿をしていたのと同様、カードが本編に登場するまで白く光っていて細部が確認できなかった。
    第109話から姿がはっきりと確認できるようになった。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 6ではシンクロ召喚の口上の「新たな進化の〜」が「新たな進化への〜」となっている。

関連カード

攻撃無効

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:デッキからカードを5枚めくる効果起動効果破壊効果無効にする効果誘発即時効果攻撃無効にする効果誘発効果エンドフェイズ時にこのカードによって除外されているこのカード特殊召喚する効果誘発効果になります。(10/07/17)

シンクロ素材について

Q:カードの効果チューナー化したシンクロモンスターを「シンクロモンスターチューナー」として使用できますか?
A:はい、可能です。(10/07/17)

Q:「《スターダスト・ドラゴン》」のカード名をコピーした《ファントム・オブ・カオス》等を「《スターダスト・ドラゴン》」としてシンクロ素材に使用できますか?
A:はい、可能です。(10/07/17)

Q:シンクロモンスターチューナーチューナー扱いの《スターダスト・ドラゴン》という組み合わせでシンクロ召喚できますか?
A:合計レベルが10になるなら可能です。(14/12/25)

連続攻撃効果について

Q:テキストには「その後めくったカードデッキに戻してシャッフルする。」とありますが、このカードめくる効果の最後にデッキに戻しますか?
  また、めくるカード相手にも5枚全て見せる必要がありますか?
A:はい、このカード効果効果解決時の最後に戻します。相手にもめくったカードを見せます。(10/07/17)

Q:デッキチューナーが存在しない場合、1つ目の効果発動できますか?
A:その場合でも発動できます。(14/03/28)

Q:カードめくりその中にチューナーが存在しなかった場合、このターンこのカード攻撃を行なうことはできますか?
A:1体もめくれなかった場合、攻撃できません。

Q:このカード《閃光の双剣−トライス》2回攻撃)を装備しました。
  その後で効果発動してチューナーを5回めくった場合、このカードは何回攻撃できますか?
A:5回攻撃できます。(10/07/23)

Q:効果発動してチューナーを0枚めくりました
  その後に、このカード《ワンダー・クローバー》効果を受けたり、《閃光の双剣−トライス》2回攻撃)を装備しました。
  このカードは何回攻撃できますか?
A:その場合でも、そのターンこのカード攻撃できません。(10/07/21)

Q:カードをめくりその中にチューナーが存在しなかった場合、このターン《ダイガスタ・フェニクス》効果でこのカードを選択して2回攻撃できますか?
A:いいえ、その場合攻撃できない状態のこのカードを選択して《ダイガスタ・フェニクス》効果発動できません。(12/09/20)

Q:デッキカードが5枚未満の時にめくる効果発動できますか?
A:発動できません。(10/07/17)

Q:効果解決時デッキカードが5枚未満になった場合、残りのカードをめくる処理は行われますか?
A:はい、行われます。(10/08/20)

Q:めくる効果解決時にこのカードフィールド上に存在しなくなった場合、カードをめくる処理は行われますか?
A:はい、その場合でもカードをめくります。(10/07/31)

Q:このカードが自身の起動効果適用され複数回攻撃できる状態またはチューナーめくれず攻撃できない状態の時に《スキルドレイン》発動された場合、その効果無効になりますか?
A:いいえ、その場合でもこのカード自身の効果で複数回攻撃ができるまたは攻撃ができない状態のままになります。(10/12/25)

Q:1つ目の効果チューナーが全く出ませんでした。その後、《月の書》でいったん裏側守備表示にし《太陽の書》表側攻撃表示にすれば、このカード攻撃できますか?
A:はい、攻撃効果発動もできます。(12/03/03)

Q:魔法使い族宣言された《DNA改造手術》が存在し、このカードに対して《拡散する波動》発動しました。
  その後、1つ目の効果を使いましたがチューナーが全く出ませんでした。
  その場合どう処理しますか?
A:その場合、《シューティング・スター・ドラゴン》は攻撃できません。(13/01/20)

Q:自身の効果で5回攻撃可能な状態で、1回目の攻撃《ネクロ・ガードナー》無効にされました。
  その後《ダブル・アップ・チャンス》発動した場合、この後何回攻撃できますか?
A:4回攻撃できます。(13/06/16)

Q:攻撃回数を変える起動効果効果解決時に、このカード裏側表示になっていました。
  このターン表側攻撃表示になった場合、めくったチューナーの数だけ攻撃する事ができますか?
A:はい、攻撃できます。(14/11/09)

破壊効果無効にする効果について

Q:2つ目の効果《リボルバー・ドラゴン》等の不確定破壊に対応していますか?
A:いいえ、対応しません。(10/07/17)

Q:2つ目の効果《闇の支配者−ゾーク》等の破壊は確定だが枚数は不確定の効果に対応していますか?
A:対応します。(10/07/17)

Q:2つ目の効果《リミッター解除》等の後で破壊する効果に対応していますか?
A:チェーンブロックを作らない破壊に対しては対応しません。(10/07/17)

Q:2つ目の効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/03/26)

攻撃無効にする効果について

Q:攻撃無効にする効果でこのカード除外するのは効果処理ですか?
  また、攻撃宣言した相手モンスター1体を対象にとりますか?
A:はい、効果処理で攻撃宣言した相手モンスター1体を対象にとります。(10/07/17)

Q:除外攻撃無効にする処理は同時ですか?
A:同時です。(11/10/15)

Q:攻撃無効にする効果処理の時に対象に選択した相手攻撃モンスターフィールド上に存在しなくなった場合に、このカード除外されますか?
A:はい、このカード除外されます。(10/07/17)

Q:上記の状況の時にこのカード除外された場合、攻撃無効にする処理は行われてませんが、除外されたカード特殊召喚されますか?
A:はい、その場合でも特殊召喚されます。(10/07/17)

Q:このカード除外した後特殊召喚する効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(10/07/17)

Q:このカード除外した後特殊召喚する効果発動《光と闇の竜》効果無効にされた場合、同じエンドフェイズ時にもう1度特殊召喚する効果発動しますか?
A:いいえ、特殊召喚する効果はそのエンドフェイズ時に1回だけ発動する効果で、もう1度特殊召喚する効果発動しません。(11/06/09)

Q:このカードの効果で自身を除外しその後自身の効果特殊召喚されたこのカード《シンクロキャンセル》エクストラデッキ戻した場合、シンクロ素材に使用したモンスター一組を特殊召喚できますか?
A:自身の効果特殊召喚されているので、エクストラデッキ戻せますが、シンクロ素材1組を特殊召喚する事はできません。(11/07/30)

Q:攻撃無効にする効果は同一チェーン上で2回以上発動できますか?
A:発動できません。(10/09/13)

Q:攻撃無効にする効果発動して除外されたこのカードが、エンドフェイズ前に《異次元からの埋葬》によって除外ゾーンから離れた場合、特殊召喚効果発動しますか?
A:発動しません。(10/09/13)

Q:攻撃無効にする効果発動したターンエンドフェイズ時に、自分フィールド上にモンスターが5体存在する場合、処理はどうなりますか?
  除外したままの場合、次のターンエンドフェイズ時に再び帰還できますか?
A:その場合、このカード特殊召喚できず墓地へ送られます。(11/03/12)

Q:特殊召喚効果《天罰》によって無効にされた場合、このカード除外されたままですか?墓地へ送られますか?
A:除外されたままになります。(11/03/10)

Q:元々の持ち主自分であるこのカード相手コントロールしている時にこのカード除外する効果発動した場合、エンドフェイズ時にどちらのプレイヤーフィールド上にこのカード特殊召喚されますか?
A:その場合、元々の持ち主である自分特殊召喚する効果発動し、自分フィールド上に特殊召喚されます。(11/06/09)

その他

Q:《シューティング・クェーサー・ドラゴン》モンスター効果特殊召喚した《シューティング・スター・ドラゴン》は、正しい手順で特殊召喚された扱いとなりますか?
  また、その《シューティング・スター・ドラゴン》が自身の効果ゲームから除外された場合、帰還できますか?
A:正しい手順で特殊召喚された扱いにならず、フィールド離れた場合特殊召喚もできなくなります。(11/08/15)


Tag: 《シューティング・スター・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 風属性 ドラゴン族 攻3300 守2500

広告